麻生太郎の問題発言全文!「子どもを産まなかった方が問題」発言の意味とは?

2019年2月3日、福岡県芦屋町であった後援会の集会に参加した麻生太郎さんの「子どもを産まなかった方が問題」という発言が問題発言だったと話題になっています。

麻生太郎さんの発言は子どもを産まない(産めない)女性に対する批判だと世間では言われ、今回の発言について麻生太郎さんは撤回し「誤解を招く表現だった」と釈明しましたが非難は止みません。

そこで今回問題とされている麻生太郎さんの発言は一部を切り取り報道されているもので、全文を読む限りそこまで問題だと思えるような内容でもなかったので紹介していきたいと思います。全文を読めば、「子どもを産まなかった方が問題」という麻生太郎さんの発言の意味が分かるかもしれませんね。

スポンサーリンク

麻生太郎の問題発言全文!【動画あり】

2019年2月3日、福岡県芦屋町であった後援会の集会に参加した麻生太郎さんの「子どもを産まなかった方が問題」という発言が物議を醸しています。

その問題となった発言がこちらです。

この「子どもを産まなかった方が問題」と言った発言だけを切り取った報道の仕方では、子どもを産まない(産めない)女性に対する批判だと言われても仕方ないのかなと思いますが、麻生太郎さんは以前にも同様な発言をして今回と同じように釈明、撤回をしたことがありました。

2014年にも同様の問題発言をしていた!

麻生太郎,問題発言,全文

以前にも同様の問題発言をしていた

麻生太郎さんは2014年12月にも、衆院選の応援演説で「高齢者が悪いみたいなイメージを作っている人が多いが、子どもを産まないのが問題だと発言し批判を受け、不適切な発言だったとして「誤解を招いた」と釈明をしていました。

今回と全く同じ発言ですよね。

このことに関して麻生太郎さんは「私の考えはずっと変わらない」とコメントしていました。ではその考えとはどのようなものなのでしょうか。

麻生太郎さんの問題発言全文

それでは今回2018年2月3日の問題発言の全文を紹介します。

大きな問題としては、中長期的に言えば少子高齢化という問題だ。

国民皆保険だ。

16歳から64歳の人たちの6人で1人の65歳以上の高齢者を支えていた。

今は、間違いなく高齢者の比率が高くなっている。

70年間で30年のびた、平均寿命が。

いいことじゃないですか。素晴らしいことですよ。

いかにも年寄りが悪いみたいなことを言っている変な野郎がいっぱいいるけど、それは間違っているよ。

子ども産まなかった方が問題なんだから。

したがって、私どもはこういうような時代に合わせるんだったら、

今は働いている人の数が減ってきて高齢者が増えてくるんだったら、

比率は1:6が1:2になってくる。

となれば、保険、医療、介護っていうのは2倍3倍にならなければ採算が合わないでしょ。

問題発言に対して釈明撤回

麻生太郎さんは、今回の問題発言に対して指摘され釈明し、撤回をしました。

麻生太郎の「子どもを産まなかった方が悪い」発言の意味とは?

今回一部を切り取られて問題だと指摘されている発言。

ですが全文を読めば「子どもを産まなかった方が問題」という話をしているのではなく「高齢者社会についての意識の問題」を話していることが分かります。

今回、後援会の集会での発言であったことからも、主に高齢者の方たちに語り掛けていることが分かります。

麻生太郎さんは、子どもを産める環境があるかどうかは置いといて(これも大事なのですが)現状16歳から64歳の人たちの6人で65歳以上の高齢者1人を支えているがこの比率が2人で1人を支える時代が来ると、今のままでは問題でしょと指摘しているのです。

確かに言葉のチョイスは間違っていたのかもしれませんが、麻生太郎さんの考えは間違っているといえるのでしょうか?

高齢者がこれからも安心して長生きできるようにしていく。これもすごく大事なことだと思います。ボクたちも同じように歳を取りいつか「高齢者」になるんですから。

スポンサーリンク

まとめ

問題とされている麻生太郎さんの発言について全文を紹介させていただきました。

今回の報道では一部だけを切り取られていて、どのような問題発言だったのか判断ができずモヤモヤしていましたが、全文を読む限りそこまで問題だと思えるような内容でもなかったのではないかなと思いました。みなさんはどう思いましたか?

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事が最近良く読まれています!

派遣型マッサージ店とは?新井浩文が利用した世田谷のお店は健全店?

ロフト広告が批判殺到で削除!内容や意味は?イラストは誰?動画あり

小室圭の母親は贈与税を脱税!遺族年金を不正受給?真相について徹底調査!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です