小室圭の母親の元婚約者が怪しい!男性側の矛盾と不可解な行動とは

小室圭さんの母親の元婚約者との「金銭トラブル」が連日ニュースなどで取り上げられ、世間では小室圭さんに対し「留学する余裕があるなら先に借りた金返せ!」「こんなやつ眞子さまと結婚する資格なんてない!」「税金の無駄遣いだ」など批判的な声が多くあがっています。

そんな中、元婚約者の男性の記者からのインタビューに答える機会も増えてきて、小室圭さん側と男性側の意見の食い違いも明らかになってきました。そこで気になったのは「元婚約者の不可解な行動と発言の矛盾」です。連日の報道の中で元婚約者の男性に対し「怪しい」と思った人も少なくないはずです…。

そこで今回はつい怪しいとも思ってしまう不可解な行動、元婚約者の男性側の言い分から分かる矛盾などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

小室圭の母親の元婚約者が怪しい…

小室圭さんの母親と元婚約者の間で婚約が破棄されたのは2013年のこと。婚約破棄から1年後に一度は貸したお金を返してほしいとの連絡があったそうですが、その後は特に連絡はなかったそうです。

そして小室圭さんと秋篠宮眞子さまの婚約が発表されてから改めて今回の金銭トラブルを持ち出し、匿名で週刊誌にタレコミをした元婚約者に対し不信感を持った人も少なからずいるようです。

元婚約者の矛盾と不可解な行動

今回の金銭トラブルですが、連日の報道の中で小室圭さんやその母親と元婚約者の男性との間では意見が相違していることが分かりました。

その意見の食い違いから分かる、元婚約者の矛盾や不可解な行動についてまとめてみました。

お金を貸したのか贈与したのか

小室圭,母親,元婚約者,怪しい

小室圭さんの誕生日の様子

そもそも、今回の金銭トラブルの元となっているのがこの意見の食い違いです。

小室家側はお金は「贈与されたもの」と主張していて、元婚約者の男性側は「貸したもの」と主張しています。

ここで気になったのが「圭さんの父親の代わりになれれば」と思い学費などを工面していたと言っているところです。本人の意思がそうであれば、受け取った側が「贈与されたもの」と受け取ることは不自然ではないのではないでしょうか?

もちろんこの男性のおかげで学業に専念することができた事実に感謝するべきですが、男性側が一方的に「貸したもの」と言い張るには無理があるような気がします。

今頃になってなぜ?

今回の金銭トラブルの元になっているのは2013年に婚約破棄をしてから1年後の2014年だと思われます。それが今頃になって改めてお金を返してほしいと言っていることに対し、小室圭さんと秋篠宮眞子さまの婚約を聞きチャンスだと思ったのではないかと考えている人も少なくないはずです。

しかも婚約解消時には、小室家からの月に1万ずつの返済するという提案を「それでは少なすぎるので再考してください」と言っていたのが、現在元婚約者の男性は「少しずつでもいいから貸した金を返してほしい」と言っていて明らかに矛盾しています。

そもそももし本来の目的が「貸したお金の返済」であるのなら、まずは法的な場所で小室家と話し合いをするべきことですよね。それを匿名で、週刊誌に情報を売ったともとれる行動をした元婚約者の男性に不信感を抱いた人もいるのではないでしょうか?

なぜ小室圭にお金を返してと言っているのか

小室圭,母親,元婚約者,怪しい

記者へのインタビューに答える元婚約者

今回、元婚約者の男性は「少しずつでもいいからお金を返す努力や誠意を見せてほしい。それを圭くんの意思で決めてほしい」と記者からのインタビューに答えています。また「宮内庁からはまだに何も連絡がきていない」と圭さんの婚約者である眞子さま側の対応も伺っている様子が受け取れます。

ですがこの金銭トラブルは元婚約者であるこの男性と圭さんの母親の佳代さんとの間で起きた問題ですよね?

たしかに圭さんの学費などに使われたとのことで、その感謝の気持ちも込めて圭さんが「自分で働いて恩を返す」という考えはあると思います。でも圭さんは現在アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学していて勉学に励んでいます。働いて返せというのならば今このタイミングではないでしょう。

ですので、なぜこのタイミングで「貸したお金を返してほしい」と言っているのか、元婚約者の男性の行動には不信感を抱いてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は小室圭さんの母親の元婚約者の矛盾不可解な行動に関して紹介させていただきました。元婚約者の男性もかなり怪しい気がしてなりません…。

男女関係におけるこのような金銭問題はかなり難しいと思いますが、このことで小室圭さんや婚約者である眞子さまが不幸になってしまっている気がして悲しい思いでいっぱいです。払えば払ったで「やっぱり借りてたんじゃないか!」とか、「国のお金を借金返済に使ったんだろ!」なんて結局は批判されるんでしょうね…

また小林よしのりさんも自身のブログで今回の金銭トラブルに関してコメントしていました。

400万円くらい、わしがそろそろ新車買わなきゃと思っていたのを諦めて、元婚約者にくれてやるよ。それで小室家の問題が片付いて、眞子さまの希望がかなうなら惜しくはない。ほれた女のために使った金を、あとで戻せという男の側に立って、眞子さまと小室氏の仲を壊してしまおうという情熱を持つばかなやつばっかりだから、不愉快でしょうがない」

まさに、この意見に同意します。

それではこの記事を最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

小室圭の母親は贈与税を脱税!遺族年金を不正受給?真相について徹底調査!

小室圭と眞子さまは破談?結婚するために必要な絶対条件と課題とは

ウミガメが産卵時に涙を流す理由!感動的なワンシーンの真相!海の七不思議

30 Comments

あかさたな

婚約報道が出た途端表われたこの母親の元婚約者。
発表と同時に20誌以上に及ぶ新聞社へアタックして(金品もらってるのでしょうか?)
いるにもかかわらず、本名、経歴が一切出てきません。

上げたものを返せと言っているようにも見える懐の狭さとこのタイミングでリークすれば混乱することをわかった上での思いやりのなさは、逆にこの人物の素性をもっとブログでしっかり調べて書いてください。

返信する
青木 いさお

コメントありがとうございます。
元婚約者に関する情報は仮名(竹田さん)と年齢が68歳であること、また外資系の商社マン(現在も勤めているかは不明)であること以外は何も分かっていません。週刊誌に情報を「売った」のかは分かりませんが、そこには元婚約者の男性の「知り合い」が関わっているとも言われているので、何か考えがあってのことだとも考えられますね。今後、今回の問題について情報が明らかになり次第追記していきたいと思います。

返信する
コロたん

この元婚約者、おかしいですよね。
なんで今まで黙ってたのに、今更しゃしゃり出てくるのでしょうか。

返信する
青木 いさお

コロたんさん、コメントありがとうございます。
なぜ今さらなのか不信に思いますよね。婚約中のことですから婚約を破棄された時にきちんと解消しておくべきことで、今さらになってこのような方法を取ったのか、本当にお金を返して欲しいだけなのか。このことで少なからず不幸を感じた人がいると思うととても悲しいです。

返信する
通りすがり

記事を大変興味深く読ませて頂きました。

この件で私が感じていたモヤモヤを、きちんと言って頂けた気分です。
お陰様でスッキリしましたし、同じように感じている方がいらっしゃったことに安心いたしました。

本当に仰るとおりで、お金の返済だけが目的ならわざわざマスコミを介さなくてもよかったはずです。

元婚約者の方の言い分の矛盾点も仰るとおりです。マスコミは“小室家悪”の方向で報道しているようですが、私はどちらかと言えばこの方のやり方のえげつなさの方が目につきます。

確かに、お金の問題はきちんと解決しておかないと後からややこしくなりがちなので、小室家(と言うか、小室圭さんのお母様)の方にも詰めの甘さがあったことは否めませんが、にしても、このやり方は酷いと言わざるを得ません。

それなのに、この記事に付くコメントは軒並み小室家の方を一方的に口汚く叩くものばかりで辟易します。
小室家ばかりを悪者のように言う人たちが、なぜこの元婚約者の方の違和感に気付かないのかがただただ不思議です。

返信する
青木 いさお

通りすがりさん、コメントありがとうございます。
ボクとしても同じように考えてくださる方がいて安心しています。世間の声に違和感しか感じなくて、モヤモヤして仕方がなかったので…。
この元婚約者の男性のやり方には不信感しかありません。マスコミに守られながら被害者を装ってますが、通すべき筋を間違っているのはお互い様で、一方的に小室家が悪者扱いされるのには違和感しかありません。
通りすがりさんと同じく、この違和感に気付かないことがただただ不思議です。

返信する
AM

小室さんを批判する記事ばかりですが、心から勇気づけられる記事を書いてくださってありがとうございます。管理人の青木いさお様も、夢を実現してくださいね!心よりお祈り致します。

返信する
青木 いさお

AMさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ心から勇気づけられるコメントをありがとうございます。AMさんのその言葉や思いが力になります。ありがとうございます!!

返信する
東 澄美子

この婚約者の一方的な話ばかりを鵜呑みにして踊らされなくないとずっと思ってきた。
ここに、この婚約者に疑問を呈する意見を見いだし、すこし、ほっとした。
更に、皇族方というのは利害関係の無い国民、特に弱者には慈悲深いが、小室親子という一般人には、かくも冷淡で苛烈な対応をなさるのかと、愕然としている。
仮にも、眞子さまとの長い交際を許し、天皇陛下も結婚をお認めになり、世界に向けてそのことを発表までした内親王の恋人だ。
そして、その恋人を必死に育てた母親だ。
もちろん、育てる過程で問題はあったのだが、もう少し、温かな配慮のある対処はできなかったのだろうか。
皇族方の対処いかんで、この一方的に炎上していく報道と人々の反応はもう少し冷静で客観的なものになったにちがいない。
近い将来一つの財布になる婚約者にお金の無心をすることがそんなに悪いことか?
父親を幼いときに不幸な形で亡くした息子に、できるだけのことをしてやりたいと知恵を巡らすのはそんなに悪いことか?
息子が誰よりも一番大切、そんな母親は異常者なのか?
いずれも誉められたことではないが、犯罪者のように不特定多数から罵られなければならないことではないだろう。
婚約破棄を一方的に言い渡したのは婚約者のほうだ。
なぜ母親が結婚詐欺のように言われなければならないのか。
小室さんは空気が読めない、鈍感だと罵倒されているが、そう言う人に、あなたこそ鈍感だと言いたい。
世の中には、大いに傷付いたとき、鈍感な振りをしてやり過ごすしかない人がいるのだ。
甘える味方もない人ほどそうする。
小室さんは子どものときから、敏感にいろんなことを感じて育ったろうことは、想像に難くない。
だからこその鈍感力、スマイルなのだ。
単なるお育ちの良いお坊っちゃまではない、苦労人なのだ。
眞子さまはそこに惹かれて居られるのではないだろうか。
眞子さまは、世間知らずの愚かな女性なのか。
私は、芯の強い、誠実で聡明な方だと感じる。しかも27歳、もう子供ではない。
眞子さまなら自分の選択を責任を持って引き受けていかれるだろう。
皇族の方々も一般の人びとも、若いお二人を信頼して、温かく見守ることはできないものだろうか?
少なくとも、今のようなバッシングは常軌を逸している。
日本人である誇りが、失われそうだ。
女性宮家の問題とは切り離して、お二人の問題は考えなければならない。

返信する
ただのひと

まったく同意見です。皇族というのは、特に秋篠宮家は冷たいと思う。
どうあっても娘の眞子様と結婚させる気がないなら、せめて自分達から引導を渡してやるべきだと思う。薄情だと思われたくないから小室氏から辞退させるように仕向けてるとしか思えない。あまりに卑怯だ。秋篠宮家が自分達の保身を図り続ける間に、小室さんは日本に居場所がないほど “悪” にされてしまった。あまりに冷淡すぎる。

返信する
パールちゃん

婚約中に惚れた女に貢いだお金、今さら返せなんて最低なゲスイ男。顔出しも出来ないくそみたいな元婚約者。テレビのコメンテーターもこんなゲスイ男の批判は言わず、小室さんばかり悪い様に言っているのは全く不愉快。このくそ男、付き合ってる時に小室さんのお母さんにも色々お金には変えがたい支えを頂いていると思いますよ。お互い様です。慰謝料請求されなかった事、感謝しないとダメですよ。私なら慰謝料たっぷり貰います。

返信する
よこはま

水かけ論はどうでもいいんですよ。

小室圭君という人間、小室佳代さんという人間について、本当の姿は身近な人しか知らない。
しかし、小室圭君はテレビ画面で生の姿を現して動いて喋って考えも語った。小室佳代さんもテレビ画面で生の姿を現した。
人はそれを見て印象を抱くことができる。

画面で見た世間の人々が受けた印象は様々だろうが、祝福する人もいれば、驚いたり疑念を抱いた人も少なからずおり、全体として小室家に対する印象は良くなかったと個人的に思ってる。
人を外見で批判するのは良くないが、佳代さんの厚化粧を見ただけでこの婚約は勘弁してくれと思ったよ。

その後、テレビ、新聞、雑誌等の続報もあり、拒否感や嫌悪感を表明する人々が増え、それが圧倒的多数であるというのは事実である。
そういう印象を持たれた人間が皇族の姫様を娶るという事に対して、より厳しい目を向けるのは一国民として当然だ。

日本国憲法第1条
「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。」

という、国の象徴であり、国民統合の象徴であり、国民総意に基ずくお立場の天皇家の一族であり、皇孫であり、初孫であり、注目のお姫様である。
そのお姫様の縁談に国民一人一人が思いをネットや学校や職場でぶつけるというのは自然の成り行きである。
メディアだって放っておくはずがない。マスコミはそれが仕事だ。

したがって、当人たちだけの問題というわけにはいかない。
それが皇族というお立場だ。

秋篠宮殿下が誕生日会見で「国民の祝福を受ける形で」と述べられた。これは色んな意味で重い。
こんな事を殿下の誕生日会見で語らせるような人間であること自体に問題があるからだろう?
秋篠宮家や皇族全体の印象に悪影響を及ぼしている、ガンのような存在だと断言できる。

借金だ、贈与だなどと、しょうもない水掛け論に皇族を巻き込まないでくれ。
お姫様との婚約をさっさと白紙にして余所でやってくれ。
このような下衆な問題の当事者である小室家は皇族とかかわってはいけないんだよ。

潔く退いて、借金持ちで厚化粧の姑付きで結婚してくれる民間の娘さんを探しなさい。
小室君、あなたは三振アウト! 試合終了!

返信する
はまだ

同感です。メディアは元婚約者の方が二人の結婚を邪魔するのが悪い、金に汚い、みみっちいという風潮に誘導しようとしてきています。
問題が長引いているのは小室圭氏が金を返さない、誠意がない、ということが原因ということは考えればわかることです。

返信する
みかん

どっちもどっちって感じ
これ以上長引かせると
ますます周りが大変だ
小室さん叩きに拍車がかかる

返信する
まめこ

本当にこの婚約者、器小さいし胡散臭いわ。

小室さん親子叩きしてる連中は、モテない奴か、奥さんと上手くいっていない奴らですね。きっと。
その鬱憤を小室さん叩きしてはらしてるみたい(笑)

返信する
よこはま

私の書いたコメントが掲載されてないのは何故でしょうか?
管理人さんの意図に沿わない書き込みは掲載しないのですか?
それならそうと「管理人の意図に沿わないコメントは掲載しません」と注釈を記すべきです。
コメントする側はそれなりに考え、時間を使って書いています。
あなたの意に沿ったコメントのみ掲載することは言論統制でありプロパガンダですよ。

情報操作や特定思想のみ受け付けることを厭わないことは強要と洗脳による独裁主義です。
共産主義そものの思想であり、自由民主主義を否定しています。
それならそうと明確に記しておくべきです。
であれば、私はこんなブログに来ませんので。

賛否両論あってこそ、それぞれの考え方を受け入れてこそ、健全な社会なのです。

返信する
ただのひと

小室さん側に立ったわかりやすい記事を書いてくださってありがとうございます。
元婚約者は姑息ですよね。「少しずつでもいいから返してほしい」って、もともと婚約解消時に小室さんのお母さんが「月1~2万ずつになりますが」って分割返済の意思を見せていたんですよ。それなのに「少なすぎる」ってそれを蹴ってるんです。お母さんが誠実に返済の意思を見せていたのに、この元婚約者が今まで内緒にしていたために、お母さんのイメージが悪女になってしまって気の毒でしょうがないです。

返信する
男女差別大嫌い

疑問です。男女逆なら同じこと言ってます?
男らしくないとかそういうことで片付けているのならよっぽど酷い差別かと思います。
国際ロマンス詐欺も騙された方が仕方ないって思います?

婚約者が男らしくないと避難するのなら、学費まで出してもらった他人(現在金銭に困っている)にお金を返さない小室の方はどうなの?

返信する
しい

小室圭さん母の元婚約者さんは 利用されただけだと思います。
怪しくはないと思います。
元婚約者さんも利用されたと気付きお金を返して欲しいだけだと思います。
それよりなにより 眞子さま 潔く 小室さんを 諦めなさいと 言いたいです。ご自分のおかれた立場を
お考えいただきたい。そして、理由は ともあれ 小室家は幼少よりの 母子家庭 バランスの悪さが どこかで 現れます。
こう 言ったら 母子家庭の方々に批判的な 言葉かもしれませが あくまで これは 小室圭親子にたいしてです。

また
小室圭さん母には 聡明さが 見えてきません

あのような 文書をだす前に
ご辞退の 文書を出すのが 本当じゃあないでしょうか!

あくまで 皇室と 戦う姿勢じゃないですか!
同レベルの意識でいるのですかね。

返信する
東 澄美子

小室さんの母親は、引きこもっていたんでしょう?精神的にだいぶ参ってるんですよ。自分のせいで、とんでもないことになってしまった、なんとかしなくては!と両陛下に直接お話を聞いもらおうと考えた。必死なんですよ。気の毒だと思う人はいないのでしょうか?

両陛下は慈悲深そうな方々だ。自分の思いや立場に耳を傾けてくだるのではないかとすがる思いなんですよ。

非常識とか厚かましいとか、そんな切り捨てしかできないのでしょうか?

文書回答ではダメだ、会見を開けって、小室さん母子は一般人ですよ。
皇族方の記者会見の時のように、記者たちは優しくはないですよ。
言葉尻をつかまれて、袋叩きにあうに決まってるではありませんか?
そんなことを強要するのは、冷酷過ぎるのではないですか?
そもそも、借りた金かもらった金か、微妙なところなんだし、婚約破棄したのも元婚約者のほうなんだから、一方的に小室さんの文書を断ずるのは、どうなの?と思いますよ。

みなさん、自分が皇族の一人になったつもりで、一般人の小室さんを批判してるんじゃないですか?

小室さんは私たち一般人の一人なんですよ。応援してあげようという気持ちにはならないかなぁ?

これから代理人をたてて、両者話し合うというのだし。

小室さんが結婚したら、皇族になるわけではないんでしょ?

そんなこと、ちっとも決まってませんよね。

結婚して一般人になったはずの元内親王や王女が、公務をそのまま続けていたり、宮中の大きなイベントに夫婦で出席したりしているけど、そんなことはいつから認められるようになったのでしょうねぇ。

なし崩しにそんなことが既成事実になり、小室さんは準皇族として相応しくないと言うのは、そもそもが間違っているのではないですか?

あくまで、小室さんは一般人だし、眞子さまも一般として小室さんと生きていく覚悟を当然お持ちだと私は思ってるんだけれども。

返信する
農人

姫ですか。
結婚したいなら全てを放棄すればいいのです。王族にはそのように行動を起こした人たちはいます。皇室からそのような人が出てもいいのでは?

返信する
マリア

この元婚約者が最低!男らしくない!
クズ男の味方で、小室さんと眞子様をなんとしても破談にさせたいメディア。
日本国民として恥ずかしいです。行き過ぎに感じます。
小室さんのお母様、色々叩かれ、容姿まで叩かれ、、詐欺師扱い、、

最近のメディアは、お二人を応援すると、殺される勢いですよね。
某隣国の、親日叩きと同じですよね!

ブログ記事あげてくださりありがとうございます。

返信する
まめこ

マリアさんの意見に同感です。
この元婚だって、小室親子に世話になっていただろうに…
日本は若いのも年寄りもグズ男ばかりで嫌になる。

この記事を書いて下さっ青山いさおさん、応援します。頑張って下さい!

返信する
松木りつ子

あげたお金でも貸したお金でも、貸した人の手を離れたら、使途を詮索する正当性は誰にも無い、よって、そのお金が小室圭さんの学費や留学費用に使用されても何ら問題は無い。母親と元婚約者の間で問題は処理されて然るべきで小室圭さんを巻き込んで若い小室圭さんの前途を邪魔してはならない。元婚約者はマスコミに垂れ込む以前に弁護士を通じて方に訴えるべきであった。小室佳代さんは大人として、この問題に真摯に向き合い、借りたの貰ったのと言う前に、返済するように努力して、たった一人の大事な息子の前途を壊してはならない、以上のように考えます。

返信する
バッテラ

私の疑問は、小室母とこの元婚約者はなぜ早く結婚しなかったのか、ということ。
(ちなみに婚約期間は2年間と言われています)
結婚していれば何の問題もなかったのに。

もともと小室亡父の知人で、
小室母からのプロポーズで婚約に至ったそうですが、
小室母の方で先延ばしにしていたのだとしたら、
怪しいのは母の方になるのかもしれません。
(つまり金づるとして、ただ利用していただけ?)
元婚約者が問題にしている背景には、
やはりその不信感があるからでは、とも思います。

婚約中の金銭提供を返金すべきかという問題は、
よく裁判の事例として出てきますよね。
皆、当初は貸したつもりではなく贈与でしょうが、
婚約解消となった時点で、返金請求する例はよくあります。
(結納金や結婚準備費用とか、婚約中の生活費を肩代わりしていたケースなど)
実際、全額ではなくとも返金に至るケースも多々あります。

元婚約者としては、裁判沙汰にはしたくないが、
圭氏のキャリア形成の礎は自分が出したもの、と主張したかったのでは?
もちろんお金も返してほしいかもしれませんが、
承認欲求、つまり少しは感謝して欲しい、というのが、
真意なのでは、と思ったりもします。

世間が問題にしているのは、その話が出た時の小室母子の態度、
ということでしょうね。
返金請求に対し理不尽と感じても、
常識で考えれば、まず感謝、そして、誠意だと思います。
それさえ見せていたら、金額などはどうでもよかったのかもしれません。

特に、話し合いを一度していて、
月1万円ずつなら、と提案し、その金額では・・、と否定された。
そのやりとりがあるだけで、
小室母子側も、返金の意思があったと考えることができます。
その上で結局返さない、という態度に出たのだとしたら、謎です。

しかもその後、息子は大企業に就職できたわけですし、
一時的にせよ、定期的な収入を得ていた。
結果的には奨学金的な位置づけとも言えますし、
もう少し返金額の設定を増額することもできたはず。

意地悪な言い方をすれば。
元婚約者が今頃そんなことを言ってきたのは、
「浅ましい」かもしれません。
ただ、そういうケースにおいて、
小室母子が、世間が考える「常識」に沿った態度を取っていれば、
災い転じて福となすこともできたかも。

小を専らとして大を失う。
逆に、常識から大きく逸脱した態度を取っているからこその
「小室母子否定」なのだと、私は解釈しています。

返信する
私も通りすがり

良く聞く話しだと思います。
生活に苦しくて、年の離れた小銭持ちに生活の面倒みて貰うって。
(後妻業ってのもあるくらいなんだし。)
ただ、上手く別れなかったから後々拗れてしまい、そこへ皇族との結婚話しなんぞ持ち上がったもんだから息子に飛び火させてるって事でしょ。
言い方悪いとは思いますが、皆さんそう思ってると思いますけどね。
ハッキリ言えば、どちらもみっともないですよ!と言いたい。
眞子様には可哀想ですが、ご両親としては結婚に相応しくないと思われてる方と一時の感情で結婚しても後々、やっぱり親の言うことは聞くべきだったという結果に成りかねないと私は思います。
少なからず考え方の基本的な部分には親の影響は大です。
一般人なら良いのでしょうが、皇族の方となると話は別です。
反対されれば余計に気持ちには火がつくでしょうが先々要らない苦労するのは目に見えてるのではないかと親の立場からなら、そう思いますが如何でしょうか?

返信する
ei

小室圭さんのお母さんの婚約者男として最低お母さん結婚しなくて良かったね。男ならお母さんから返済すると言ってきてもお断りするくらいならまだまし最低 最低 最低👿

返信する
たまき

ワイドショー等を見ていてずっと元婚約者怪しい!!って思ってました!!
本当に同意見!!
器小さ過ぎ!!
金は貸したらあげたと思え!!
別れたのにネチネチ女々しい!!
写真3人で撮らなかった。って…自分で言えば良くない?てかまだ結婚してないしね!
寂しかっただけ??
眞子さまと結婚の話が出て小室家が幸せになるの壊したかったの??仕返し??
これだけメディアに出るなら顔出せ!!!
って思ってましたー!!
あースッキリした!

返信する
匿名

基本的にはOO様の選ばれた唯一の男性」であると云う認識をさせて頂いておりますので恐れ多く(否定する勇気は御座いません)

返信する
匿名

交際中に好きな女性へ贈られにプレゼントを「別れたから返してくれ」と云うのはどうか?と思います。借用書も無いのなら無効なのは当然です。ハッキリさせたいのなら弁護士を付けて訴えたら良いのではありませんか。困っておられたので助けたとか、御好き」なので好意から差し上げられたのでしょう。そんなの「借金では無くプレゼント」と呼びます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です