いじめ加害者の教員4人の処分は?傷害事件もなぜ有給休暇?東須磨小学校

市立東須磨小学校で起きた、4人の先輩教員たちによる集団いじめパワハラ。

このいじめで20代の男性教員が精神的に不安定となり、休職を余儀なくされています。

いじめ加害者の教員は、30代の男性教員3人と、40代の女性教員1人ということが分かっています。

そこで今回は、いじめ加害者の先輩教員4人の処分や、なぜ謹慎ではなく有給休暇なのかについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

いじめ加害者の先輩教員4人の処分は?

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

市立東須磨小学校で起きた教員による集団いじめ。

この集団いじめは、パワハラやいじめに留まらず、器物破損、傷害事件ともいえるような内容でした。

そこでこの4人の先輩教員の処分はどうなったのか調べてみたところ、現在も何も処分はありませんでした

謹慎中というのは校長の嘘だった!?

いじめ加害者の4人の先輩教員について、東須磨小学校の仁王美貴校長は、

「謹慎をさせている」

と話していました。

しかし神戸市の教育委員会が行った会見では、

「自宅謹慎という制度はなく、制度上は有給休暇を取らせている状況。(加害教員)本人から体調不良という申し立てはあるが、教壇には立てないということも含み置きのことだ」

と話していました。

これだけのことをしておいて、謹慎という制度がないのは不思議なものですね。

やはりほとぼりが冷めたころに、他の小学校に異動になるのでしょうか。

東須磨小学校の校長な評判については、こちらの記事で詳しくまとめています。

パワハラいじめ被害は他にも

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

いじめ加害者の先輩教員4人は、20代の男性教員の他にもいじめなどの行為を行っていました

被害に遭ったのは20代の男性教員1人と、同じく20代の女性教員2人。

女性教員に関しては、セクハラの被害にも遭っていたという事でした。

セクハラを行っていたのは、30代の先輩教員2人だったそうです。

次から次へと明らかになるいじめの内容に、開いた口がふさがりませんね。

傷害事件もなぜ謹慎ではなく有給休暇なのか

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

被害に遭った男性教員の家族は、加害教員の処分内容と、学校の対応によっては刑事告訴も検討していると話していることが分かっています。

しかし実質、現在のところ何も処分は与えられていません。

また校長の責任を問うような事実もありません。

加害教員の有給休暇については、「自宅謹慎という制度がない」という理由からだそうです。

現時点で何も処分欠かされていないという事は、やはり他の小学校などに異動させて処分扱いにするということでしょうか。

いじめ加害教員の名前や顔画像は?

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

いじめ加害者の先輩教員4人に関しては、現在名前も顔画像も公表されていません

しかしいじめ画像が公表され、2ちゃんねるなどでは、特定犯が特定に動き出しているようですね。

そのいじめ画像がこちらです。

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

どれも、小学生の悪ふざけにしか見えませんね。

いじめ加害者の名前や顔画像に関する情報はこちらの記事で詳しくまとめています

ネットの反応

神戸市立東須磨小学校、 教員のイジメの件 加害者は有給休暇… なんだそれ。

なぜ実名報道しない?なぜ即懲戒解雇にしない?何を守りたいのか?「神戸市須磨区の市立東須磨小」「加害側の4人は、他に20代の教員3人にもセクハラなどの行為をしていたことも判明。市教委は現在4人を謹慎させているが、事実関係を調査した上で処分を検討」

市立東須磨小の4人が1人に対して日常的に行っていたハラスメント行為、周りの教職員たちも気づいていただろう。自浄作用のなくなっている教育現場、狭い社会で気味が悪い。傷害罪で法の下、正しく処分されてくれ。

東須磨小学校卒業生ですが!こんな教師は実名で公表して欲しい。税金泥棒教師。退職金いくら有ると思います?レクサス余裕で買えますよー。神戸市教育委員会厳しい処分しろ。

東須磨小のいじめ加担者は 絶対実名公表してほしいわ。 あんなんが他の学校とか塾の先生として流れつかれても困る

東須磨小の暴行事件はほんまにタチ悪いな。 これは実名出されても仕方ないんちゃう?

まとめ・ニュース見たけど、東須磨小学校はネット私刑される前にイジメをした教員は辞職したほうが良い。こんなうわべだけの教師でイジメが無くなるはずがない。世の中教員不足なのに、上が教師を育てようとせず、隠蔽する体制も許せない

神戸市立東須磨小学校で、20代教員にハラスメントを行っていた教員4人。加害教員が、ネット私刑の被害を受ける前に、刑事事件として取り上げるべきである。加害者親族にまで被害が及ぶ。

実名報道やネット私刑を望む声が多く上がっていますね。

ツイッターでは、在校生の保護者と思われる方が、実名報道に反対する意見を述べていました。

しかし異動先や退職となっても、塾講師などになった際に、知らず知らずに更なる被害者になってしまう可能性などを考えると、実名報道も仕方ないのかなと考えてしまいますね。

スポンサーリンク

実名公表やネット私刑を望む声が

いじめ加害者,教員4人,処分,傷害事件,なぜ有給休暇,東須磨小学校

ネットでは、実名公表や、ネット私刑を望む声が多く上がっているようです

刑事問題ともいえる内容から、加害教員が何も処分されることなく、他の小学校に異動するだけというのは許せないという事からだそうです。

いじめ問題から始まった今回の東須磨小学校の問題ですが、実際はパワハラ・モラハラ・セクハラ祭りの前代未聞の問題となりました。

これだけの問題行動があったとしても、何も処分がなされないということになると、公務員に対する世間のイメージも変わってしまいそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、いじめ加害者の先輩教員4人の処分や、なぜ謹慎ではなく有給休暇なのかについてまとめていきました。

傷害事件として起訴されてもおかしくない状況で、何も処分を科せられていないというのは余りにも甘すぎます。

今後どのような処分が与えられるのか注目していきたいと思います。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です