大竹壱青の父親は元日本代表身長208センチ大竹秀之!中央大学で石川祐希とチームメイト【動画】

大竹壱青,父親,元日本代表,身長208センチ,大竹秀之,中央大学,石川祐希,チームメイト,動画

ワールドカップバレー2019、男子の試合が盛り上がっていますね。

10月5日に行われたアメリカ戦で、大活躍した大竹壱青選手。

今回は、大竹壱青選手の父親が元日本代表の大竹秀之選手であることや、中央大学で石川祐希選手とチームメイトだったことについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大竹壱青選手の父親は元日本代表大竹秀之!身長208センチ

大竹壱青,父親,元日本代表,身長208センチ,大竹秀之,中央大学,石川祐希,チームメイト,動画

大竹壱青選手の父親は、元バレーボール日本代表の大竹秀之(ひでゆき)選手です。

大竹秀之さんと言えば、バルセロナオリンピックで活躍した選手です。

また、身長は208センチで、日本人バレーボール選手およびオリンピック出場選手として歴代最長身を誇ります。

父親・大竹秀之の現役時代

大竹壱青選手の父親・大竹秀之選手は、日本のバレーボール選手で歴代最長の身長208cmになります。

その大竹秀之選手の現役時代の動画がこちらです。

現在、日本代表の監督・中垣内祐一さんとともに、男子バレーの日本代表して活躍しました。

大竹壱青選手の父親・大竹秀之の現在は?

大竹壱青,父親,元日本代表,身長208センチ,大竹秀之,現在,動画

大竹壱青選手の父親・大竹秀之さんは、日本バレーボール協会発掘育成委員会副委員長として活動をしています。

現在も日本のバレーボールを支えているのですね。

大竹秀之さんが若い選手を育て、中垣内祐一さんが代表の監督を務めているのは考え深いですね。

大竹壱青選手の経歴は?

大竹壱青,父親,元日本代表,身長208センチ,大竹秀之,中央大学,石川祐希,チームメイト,動画

大竹壱青選手の経歴は以下のとおりです。

名  前:大竹 壱青(おおたけ いっせい)

生年月日:1995年12月3日

年  齢:23歳(2019年10月現在)

出  身  地:神奈川県横浜市

身  長:201センチ

高  校:東亜学園高等学校

大  学:中央大学

所  属:パナソニック・パンサーズ

壱青という名前は、「大」きな「竹」が「一」番「青」々と伸びるようにとの願いからきているそうです。

バレーボールを始めたキッカケは、やはりオリンピック選手だった父親の影響だそうです。

父親も日本代表選手。そして、姉の大竹里歩さんも、元バレーボール日本代表選手です。

母親は、バレーボール選手ではなく、病院で栄養士をしていたそうです。

中央大学で石川祐希とチームメイトだった!【動画あり】

大竹壱青,父親,元日本代表,身長208センチ,大竹秀之,中央大学,石川祐希,チームメイト,動画

大竹壱青選手は、中央大学出身です。

同じ1995年生まれ、日本代表エース石川祐希選手とチームメイトでした。

大学生時代の二人がインタビューを受けている動画はこちらです。

これまでの成績

大竹壱青選手のこれまでの成績について調べてみました。

高校時代:インターハイ、春高バレー出場

2014年:全日本バレーボール大学男女選手権大会(全日本インカレ)優勝

2017年:東アジア地区バレーボール選手権大会優勝

2014年に、東京オリンピックの強化指定選手「Team CORE」にも選出されています。

同年の全日本バレーボール大学男女選手権大会(全日本インカレ)では、スパイク賞にも輝いています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ワールドカップバレー2019アメリカ戦で数多くのスパイクと、サービスエースを奪った大竹壱青選手について紹介しました。

父親が、元日本代表身長208センチ大竹秀之選手、中央大学で石川祐希とチームメイトだった過去。

今後、ますます目が離せない選手ですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です