【画像】ニホンヤマネがかわいい!「森の妖精」飼育されてる動物園は?

2019年1月30日、かわいいニュースが目に飛び込んできました!

それは、大分県日田市中津江村の永瀬弘信さん(86)の自宅でニホンヤマネが見つかったというニュース。

国の天然記念物であるこのニホンヤマネを聞いて何となく思い出した人やモヤモヤした人といるでしょう。このニホンヤマネは家族が寝る準備をしていたところ、毛布の中から体を丸めたまま転がり出てきたそうです。

「森の妖精」と呼ばれているこのかわいいニホンヤマネを画像で紹介するとともに、一度でいいから見てみたい!という人のために飼育れている動物園なども紹介していきたいと思います。

【画像】ニホンヤマネがかわいい!「森の妖精」

1月30日に大分県に住む永瀬弘信さんの自宅で国の天然記念物である「ニホンヤマネ」が発見されニュースになっていました。

このニホンヤマネという名前を聞いて、小学生の時に教科書で出てきたやつや!と思い出した人もモヤモヤした人もいるのではないでしょか(笑)

では「森の妖精」とも呼ばれているニホンヤマネを見てみましょう!

おーめっちゃかわいいですね!!!めっちゃ癒されます…

このニホンヤマネはヤマネの仲間で体長は7cmほどでしっぽの長さが5cmほどもありそのバランスもかわいさのひとつですね。背中の真ん中に黒い縦縞が入っているのが特徴です。

またニホンヤマネは「生きた化石」とも言われていて、数百万年前から生息しているそうです。長きにわたり森に住む妖精なんですね。

外気温が10℃以下になると土の下や巣の中で冬眠をします。ですので冬眠している期間が長く、生息する森でも滅多に出会うことができないそうです。

ニホンヤマネは日本の本州、四国、九州など広い範囲で生息しています。主に森の中でリスやモモンガなどの生き物と同じように木の上で生活をしています。

学名:Glirulus japonicus
和名:ヤマネまたはニホンヤマネ
英名:Japanese dormouse
分類:哺乳鋼 ネズミ目 ヤマネ科 ヤマネ属 ヤマネ

ニホンヤマネが飼育されている動物園は?

こんなかわいいニホンヤマネを一度でいいから見てみたい!という人もいるかと思います。

ニホンヤマネは国の天然記念物であることからもなかなか目にかかれないと思われたかもしれませんが、実はニホンヤマネは動物園で見ることができるのです。

その動物園というのが「上野動物園」です。

以前までは準絶滅危惧種に指定されていたことからも飼育されている動物園は上野動物園だけのものの、ぜひ見てみたい!と思う方は上野動物園に行きましょう!

ニホンヤマネをペットで飼育したい!値段は?

こんなかわいいニホンヤマネを見てペットにしたい!飼いたい!飼育するのはどうしたらいいの?どこで買えるの?値段は?と思ったかもしれませんが、ニホンヤマネは国の天然記念物なので飼育することができないんです。残念ですが。

こんなにもかわいいニホンヤマネがいつも一緒にいたら癒されること間違いないしなだけにとっても残念ですね…。

スポンサーリンク

まとめ

今回は国の天然記念物で森の妖精と呼ばれているニホンヤマネのかわいい画像を紹介するとともに、飼育されている動物園などを紹介させていただきました。

かわいいニホンヤマネに癒されましたね…。上野動物園で簡単に見ることができますが、一度野生のニホンヤマネも見てみたいものですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です