なぜ小室圭はお金を返さないのか?婚約解消や今後はどうなる?擁護する声も

小室圭さんの母である佳代さんの元婚約者との間でトラブルになっている金銭問題

2019年1月22日に、小室圭さんが母の佳代さんに変わり説明文書を公表しました。その中で改めて「借りたものではなく支援をいただいたもの」だと強調。

この説明文書にネットなどでは小室圭さんの金銭感覚に対する不信感など否定的な言葉が飛び交う事態になりました。

なぜ小室圭さんはお金を返さないのか?

今回は、なぜ小室圭さんと元婚約者の間で意見が食い違っているのかについてと、小室圭さんの今後について婚約解消の可能性などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ小室圭はお金を返さないのか?

なぜ小室圭はお金を返さないのか,婚約解消,今後,擁護

小室圭さんの母親・佳代さんと元婚約者との間で起きた金銭トラブル。

現在も、問題は何も解決せず、小室圭さんと眞子さまの婚約についても進展がなく影響がでています。

そこで、2019年1月22日に母親・佳代さんに変わり小室圭さんが公表した説明文書が話題となっています。

その説明文書の全文がこちらです。

いつも温かいご厚情を賜り、御礼を申し上げます。

私小室圭の母とその元婚約者の方との過去の関係について、一昨年から御心配をおかけしており、たいへん申し訳ありません。これまでに多くの報道があったことについては承知しておりますし、私がこの問題について明確なご説明を差し上げてこなかったことで多くの方々にご迷惑をおかけする結果になってしまったことをたいへん心苦しく感じています。元婚約者の方との関係について母に代わってご説明したいと考え、このような方法をとらせていただきました。

私の母と元婚約者の方は、平成22年9月に婚約し、結婚生活を始める準備をしていました。母の再婚については私も嬉しく思いましたし、私自身も元婚約者の方とはとても親しくさせていただきました。婚約期間中、元婚約者の方から金銭的な支援を受けたこともあります。当時、母も私も元婚約者の方とは既に家族のようにお付き合いしており、ご厚意にたいへん感謝しておりました

平成24年9月、元婚約者の方から母に対して婚約を解消したいというお申し入れがありました。母は突然の一方的な申し入れであり、また婚約を解消したい理由について明確なご説明をしていただけなかったことから憔悴した様子を見せていましたが、最終的には元婚約者の方のお気持ちは変わらないと理解し、お申し入れを受け入れました。

その際に母が婚約期間中に受けた支援については精算させていただきたいとお伝えしたところ、元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです実際に婚約解消後しばらくの間は、私や母が元婚約者の方から金銭の返還を求められることはありませんでした

ところが、婚約を解消して1年ほど経った平成25年8月ころ、母は元婚約者の方から交際していた期間に負担した費用の返済を求めるお手紙を受け取りました。婚約解消時の確認事項に反する突然の要求に驚いた母は、専門家に相談してアドバイスを受けるとともに、元婚約者の方と直接お目にかかって、ご要望には応じかねることとその理由をお伝えしました。

母の話を聞いた元婚約者の方からは、私も専門家に相談して何かあればこちらから連絡しますという反応がありましたが、連絡が入ることはありませんでした。その後はご近所にお住まいだった元婚約者の方と自宅周辺で偶然お会いすることもありましたが、金銭の話題が出たことはありませんでした。私の母と元婚約者の方との過去の関係は以上のとおりです。

多くの報道において借金トラブルが残っているとされていますが、このような経緯ですから母も私も元婚約者の方からの支援については解決済みの事柄であると理解してまいりました。そのため、平成29年12月から元婚約者の方のコメントだとされるものが連日報道される事態となり、私も母もたいへん困惑いたしました。元婚約者の方のご意向を測りかねたからです。

報道されている問題に関する母と私の認識は以上のとおりですが、私も母も元婚約者の方からご支援を受けたことには今も感謝しておりますので、今後は元婚約者の方からご理解を得ることができるよう努めたいと考えております。

私は、現在、米国において勉学に勤しむ機会をいただいております。多くの方々に日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。

平成31年1月22日 小室圭

元婚約者は「貸したもの」だと主張

なぜ小室圭はお金を返さないのか,婚約解消,今後,擁護

この説明文書に対して元婚約者の男性は、お金は贈与したものではなく「貸したもの」だと主張しました。

しかし、その後、お金が貸したものである事実を裏付けるような証拠も出回りましたが、婚約解消時に「返してもらうつもりはなかった」という発言が本当であれば、お金は「贈与されたもの」と考えるのが普通ではないでしょうか?

小室圭はなぜお金を返さないのか?

なぜ小室圭はお金を返さないのか,婚約解消,今後,擁護

今回の金銭トラブルは、母親の佳代さんと元婚約者の間で起きた問題が発端となっていますが、実際に使用した小室圭さんにも責任はあるのではないか?とネットで話題となっています。

そもそも、『お金を返せば済む話』であるだけに、なぜ小室圭さんはお金を返さないのか?と疑問に思う人も多いようですね。

なぜ小室圭さんが頑なに、お金は借りたものではなく、貰ったものだと主張しているのか。

その事実に関しては分かっていませんが、そもそも小室圭さんは現在アメリカのロースクールに留学していて、現在お金を返済できる状態にあるようには思えません。

きちんとした収入がある状態で、今回の金銭トラブルが発覚していたとしたら、また違った対応をしていた可能性もあるのではないでしょうか。

また、各週刊誌やテレビの報道に仕方による、情報操作もあるのではないかとも考えられますね。

婚約解消や今後はどうなる?

なぜ小室圭はお金を返さないのか,婚約解消,今後,擁護

2019年6月21日に行われた外国公式訪問前の記者会見の中で、秋篠宮さまは結婚延期の問題が進展していないことを明らかにしました。

小室圭さんは現在もアメリカのロースクールに留学中で、金銭トラブルについても何も進展が起きていません。

当時2020年の結婚を予定していましたが、現在では結婚の見通しはたっておらず、秋篠宮さまが「多くの人がそのことを納得し、喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、私たちは婚約にあたる納采の儀というのを行うことは出来ません。」と発言し、このまま結婚解消になる可能性についても噂されていました。

小室圭さんが留学を終え日本に帰国する2021年(予定)までに、金銭トラブルが片付くのか、小室圭さんの進路どうなるのかが注目ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は小室圭さんの母である佳代さんの元婚約者との間でトラブルになっている金銭問題について紹介させていただきました。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれてます!

小室圭の母親の元婚約者が怪しい!男性側の矛盾と不可解な行動とは

小室圭と眞子さまは破談?結婚するために必要な絶対条件と課題とは

大坂なおみに国民栄誉賞を!グランドスラム連覇に世界ランク1位!日本人として偉業を達成!

16 COMMENTS

ちーぼー

初めまして。
私もこの件に関しては興味深かったので、記事を書いていただきありがとうございます。
元婚約者の男性は、相手の女性に熱を上げているときに支援したお金を、後になって返せと言っているように見えますよね。
しかし元婚約者の男性も「デート代やプレゼント代まで返してもらいたいわけではない」「月一万円ずつならお返しできますと言われたので、それでは少なすぎるから返済の話を蹴った(保留にした?)」「婚約を破談にしたのは、金づるにされているのが分かり始めたから」という趣旨の言い分をしているようです。
圭さんのお母様が女性として誠実なお付き合いをしていれば、こんなトラブルにはならなかったでしょうね。
男女問題に金銭問題が絡むとロクなことがありません…。

返信する
青木 いさお

ちーぼーさんはじめまして、コメントありがとうございます。
たしかに元婚約者の男性の意言い分や考えに関しては理解できるところもあり、小室家としても対応できる限り真摯に対応するべきだと思っています。
ただ世間では小室圭さんに対する批判的な声があまりにも多く、眞子さまとの婚約にまで土足で踏みにじるような言葉に違和感を感じたのが今回の記事を書いた経緯です。

もし「お金を返してほしい」のが元婚約者の男性の目的であれば、法的な場所で小室家ときちんと話し合いをすべきです。今回のような匿名で週刊誌に情報を売るようなことが最善策だったとは思えません。

裏切られた仕返しのような行為で、交際相手だった佳代さんに対してならまだしも、その子どもである圭さんや婚約者までも不幸にするようなことは正しいことではないと思います。それに対して世間が元婚約者側に立ってそうだそうだと言うのも少し悲しい気がしました。

返信する
なんなん

この頃は ネットなどの普及で 隠しようにも隠せない時代です。それに
愚痴もでれば、マスコミが飛び付いたのでしょう。
ここまで事態が悪くなるのは、正直に 前向きに堂々と誠意をもって対処しなかったのだからではないですか?

でなければ、逆に マスコミで発覚してよかったのではないかとも考えざるを得ません。

それにしても
困った母親ですね。
折角 眞子さまとのご縁に秋篠宮さまはおおらかな対処をなさってくださってたのに。今からでも秋篠宮殿下にお詫びを申し出られたらいかがでしょう。

返信する
とめいと

私もそう思いました。
元婚約者の人のやり方や言い分に何か違和感を感じます。
金銭の要求が嫌で婚約解消したってのも…なんか後から取ってつけたような気がします。

返信する
青木 いさお

とめいとさん、コメントありがとうございます。
本質にあるのは「金銭トラブル」ではなく、「男女間のトラブル」ではないかと思ってしまいますよね。
このことで圭さんと眞子さまの関係が悪いほうに進んでしまうのはとても悲しいことだと思います。

返信する
とめいと

私もそう思いました。
元婚約者の人のやり方や言い分に何か違和感を感じます。
金銭の要求が嫌で婚約解消したってのも…なんか後から取ってつけたような気がします。

返信する
山田太郎(坂本龍馬)

>返済の必要はあるのか?

法律的(民事的)には、返済義務が無いので小室側は返済しないだけです。
もっとも、世論は、納得しないでしょうけど。
秋篠宮は、小室側からの辞退を望んでいるんでしょうね。
しかし、小室は、辞退なんかする訳がない。
眞子自身は、結婚したいけど、親を無視して結婚を強行できない。
(外国の皇室ならば、親を無視して平気で結婚する奴もいるけど)
そんな訳で、進展は、全くなし。結婚は出来ないけど、婚約破棄も出来ない。

本当に結婚したいならば、当事者同士で結婚しろよ!!!

返信する
Kiki AB

シングルマザーの身としては、小室親子に同情します。
お母さんの子育てする努力が少し足りないとは感じましたが…
ただ、再婚する約束をしていた相手から別れた後に、金返せだとか、圭さんの婚約が決まった後にマスコミの前で金銭問題出されたりとかされるとハッキリ言って嫌がらせですよね。
お金返せないと知っていた時は月1,2万程度の返金を断っていたくせに…
圭さん側からはきっと弁護士もついているだろうからあんまりコメントは出しにくいだろうし、元婚約者の男性もマスコミではなく弁護士を立てて話すべきだとは思いますが、マスコミからお金貰っているだろうから今は話できないのでは?と勘繰ります。
圭さんも、真子さまもかわいそうだけど結婚はあきらめたほうが良いかも。
私は計算がいづれ出世するかもしれないと思うけど、今はみんなそういう風に思っていない。
たぶんマスコミも国民も他人事だし、2人を見ていると辛い。
結婚するにしても、破談になるとしても早く解決して落ち着いた生活に戻るといいですね。

返信する
青木 いさお

Kiki ABさん、コメントありがとうございます。
Kiki ABさんの言う通り、はっきり言えば「嫌がらせ」ですよね。
一度きりの人生で多数の人から称えられるような生き方ができるのはほんの限られた人だけです。
圭さんは今自分ができることを圭さんなりに考えて一生懸命やっているのではないでしょうか。もしお金を貸したものだとし返して欲しいというのならば、もう少し待ってからでもいいのではないかと思います。

返信する
Kton

私も今回の報道を観たり聞いたりすると、とても心が痛みます。どうしてマスコミは元婚約者の擁護ばかりするのでしょうか。小室さんのお母さんと元婚約者のトラブルなのに、小室圭さんと眞子さまが渦中に巻き込まれていますよね。そもそも、週刊誌に訴えることでしょうか?元婚約者の方の大人げない行動にこの人には一切の非はないのか?と思ってしまいます。

返信する
かつくん

あなたの記事を読んで思ったのは、『そういう好意的な考え方もあるんだな』ということで、私とは全く異なりますね。
元婚約者の男性(以降、男性と略す)は返済を求めていたけど、この親子が『借用書は書いてないので返済義務はない』か『ない袖は振れぬ』と無視していたのでは?と私は考えています。金を無心し続けるあさましい親子と分かって関係を解消したが、その後、皇族との婚約という話が出てきた。その機会を作れたのはこの男性の援助(貸付)があってこそ、であるにもかかわらず、感謝の言葉もないところに誠意のない人間と感じたので、(男性本人か、取材でそれを感じた編集部が)声を上げたのではないでしょうか?

スクエアに報道を聞いている私はこの援助(貸付)に関しては、『金を無心して息子の教育レベルを上げ、自身の生活レベルをキープするために近づいた結婚詐欺に近いもの』と感じています。普通に考えて400万はかなりの大金で、『貰いました!』と言える神経が信じられません。今回の発表をみても、男性との合意を取り付けていない段取りの悪さ、この論理で押し切れると考える頭の悪さ、男性が忖度してくれるだろうという自己中心的な思考しか感じません。『働いて数年間で返します』と言えば、男性も国民も納得して終息した筈・・・。

結果的に私は今、詐欺師が一世一代の大博打として、『上手くいけば持参金が手に入り、持参金を使い果たしても宮様に無心すれば、一生働かずに贅沢して生きていける』と皇族に近づいたのではないか?と考えており、この胡散臭い親子と将来の天皇が親族になるのは好ましくない、とも考えています。

『愛があればお金なんて!』と言いますよね。
厳しい言い方ですが、国民の支持・祝福のない結婚ということであれば、持参金なし、皇族からの完全離脱(援助なし)が必須でしょう。
この条件で彼は結婚するだろうか・・・?
多分破談にするでしょうね。

ここで一つ聞いてみたいのですが、貴方は自身の娘さんがこの状況で結婚に賛成しますか?

返信する

婚約内定になった時、
小室家は隠れ資産家だから私大、留学等が出来たのだろう、
また、院生でまだ収入も安定しないのに結婚するって事は
不動産収入もあるのかなと思っていました。
結婚式にかかる費用も皇室と折半と聞いたのでそのお金も払えるんだからより
資産家のイメージを持っていた、、しかし蓋を開ければこの騒動。
ある意味で納得しました。
身の丈に合ったお金の使い方、生活の仕方が出来ない人なんでしょう。
結婚式の費用をどうするつもりだったのか、また結婚後の生活費はどうするつもりだったのか。
お金の苦労をした事がない宮邸は想像も出来ない事だったのでしょう。
宮邸の周辺に普通の金銭感覚の目でこれらの事を考え見立てた人はいなかったのしょうかね~。

私はこの元婚約者と同じ経験をした事があります。
だから解る事があります。
お金を借りる為に付き合っているのか・・と思い別れを選んだ事。
それをはっきり相手に言えない事。
お金の貸し借りは 「貸して」とお願いされる。この時だけは借り手が頭を下げる。
しかし「返して」は貸してあげてる癖に頭を下げて頼まないといけない。立場が逆転する。
元婚約者はメールとははあるものの はっきりした貸したという文書がない。
法的に戦えば弱い所があるから沈黙していた。
そこに付け込んだのが数年前の小室親子の対応。
      (そしてそれを反映された今回の文書。)
当時、どうしたらいいのか。。。と思う間に時間が経過し、報道で婚約を知った。
元婚約者は、結婚?そんなお金が必要な催事をするお金があるなら返してよ~。
そしてあの真面目そうな受け答えをしている会見を見て、いい加減にしろ!って思った事でしょう。
私も何度もそんな思いをしました。お金の事を安易に考えている奴なんてそんなものです。
だから 人から借金が出来る神経が持てるのです。
実際お金を借りたのは母親かも知れませんが息子がそれを知らなかった訳ではありません。
私なら他人の御世話になるなら奨学金を借りる。大学は公立にする。又は諦める。夜間に行く。
と考えるもの、それをしないのは親子同類。

例えば、この件が贈与としましょう、皆さまは
「 今となればあかの他人が出した400万円で学校に行き、学費、もらっちゃった
ラッキー。返さなくていい。」と思えますか。
それを知った婚約者は「 贈与なら問題ないよね。貴方の人徳ね。 」・・・と
眞子様は理解をするのでしょうか。
今回の事は お金の貸し借りの問題ではなく 
身の丈に合ったお金の使い方が出来る人かどうか、正当にお金を扱いが出来る人なのかを
問われていると思います。
眞子様の持参金、お金の扱い方を知っている人に渡せば本来の使途につかわれるでしょうが
あの方なら自分がもらったものと勘違いすると思われても仕方がないでしょう。

私はこの報道を見る度に、深い傷を思い出します。
何年経っても解決を見ても傷は消える事はありません。
お金の扱い方はその人の性格と言うか人格を示すと私は思います。
お金は貸すものでも借りるものでもなく自ら稼ぐものです。
皇室であろうが一般家庭であろうが資産家であろうが
お金に対して闇を持っている人とは関らないのが一番です!

眞子様、本当にダメです。お姫様もコンビニでバイトでもして世間を知れば
お金の大切さを痛感されるのではないだろうかと思ってしまいます(笑)
ま しいて言えば、持参金捨てて NYで2人で生きていくだけの思いがあるなら
どうぞご勝手にお幸せに。それでも留学費ラッキーなんだもの。

返信する
マリア

この元婚約者が怪しい、最低、とは前から思っていましたので、この記事を上げて頂きありがとうございます。

婚約者だった時期に息子のように思い、学費を出した、お金が厳しくなり婚約解消って、、
小室圭さん母に過ちがあるとしたら、出して頂いたお金を返さなかった事ではなく、こんな最低男と婚約してしまった事じゃないかと、、

マスコミは、どうしても破談の方向にもっていきたいのでしょうか?

行き過ぎた記事のせいで、辞退、破談になってしまうのは、とても残念ですね。

そうなると秋篠宮家は、自由恋愛を急遽禁止にして、お見合い結婚になるのかな?

返信する
のい

貸したというのであれば、この男は借用書を出さないと。
そうでなければ、婚約期間中の学費、生活費であって、当然贈与となる。2-3年で400万ちょっとということならたいした金額でもない。また、贈与税の対象ともならない。
皇室との結婚が決まって、騒ぎ出したように見え、大変この男がみっともない。
結婚の支度金が国から出るからそれをあてに騒ぎ出したようにしか見えない。
マスコミは、この男の主張がおかしい、と報道しなくてはならないのになぜなのか。
この母親が詐欺をした、とすれば話は別だが、そうなら男はとっくにその証拠を出して訴えているはず。家族写真に金、車を出したが、この男は写真に加えてもらえなかったなどと言っているようだが、なぜその時に写真に入れてほしい、そのための追加費用(たいした額でもないだろう)は払うと言わなかったのか。母親は、費用負担軽減のために写真のカット数を限定した可能性がないとは言えない。男が情けない。

返信する
なんなん

管理人の方に。
先ほど送信したコメントに間違いがありましたので 差しかえてください。
不馴れなものですみませんを

母親が悪いと思いますよ
母子家庭であろうとも
折角 困っている小室親子のために一肌脱いで助けてもらった元婚約者を
金蔓のように まだ結婚もしていない
状態で 毎月のように生活費をねだり、あげくは
都合好く使われているだけの交際だったそうですが それが本当ならば、
ここまでお金を支援してもらえた相手の男性に感謝することもなく、都合好く男性から結婚を断られて、小室さんの母は喜んだのではないですか?

まともな人間がすることではないです。
法律的に返済の義務はないにしろ、返してほしいといわれるなら 長くかかっても返済すべきです。

それに、息子を全面にだし、母親として責任をもって問題解消しようとする姿勢は微塵も見られないようです。

ここまでモラルのない親子が 国の象徴である皇族と結婚することを 国民も喜んで賛成できません。

母親が悪いと思いますよ
母子家庭であろうとも
折角 困っている小室親子のために一肌脱いで助けてもらいながら
金蔓のように まだ結婚もしていない
正式に婚約もしていない状態で 毎月のように生活費をねだられ、あげくは
都合好く使われているだけの交際で、ここまでお金を支援してもらえた相手の男性に感謝することもなく、都合好く男性から結婚を断られて、小室さんの母は喜んだのではないですか?

まともな人間がすることではないです。返してほしいといわれるなら 長くかかっても返済すべきです。
それに、息子を全面にだし、母親として責任をもって問題解消しようとする姿勢は微塵も見られないようです。

ここまでモラルのない親子が 国の象徴である皇族と結婚することを 国民も喜んで賛成できません。

この頃は 結婚も本人の自由だとよく言われますが、自由とは責任をもって行われる自由です。

眞子さまは、ご家族を悲しませる結婚はおやめになられた方がよろしいです。
ましてや皇族です。
お立場をわきまえて このような状態の中を 圭さんとのLINE等のやり取りなどすべきではありません。

一般国民の私でも 娘がこのようなお相手では 勝手に連絡はとらせたくないです。

今はお辛くても、視野を角度を広げて先をお考えになられれば、もっとお二人にふさわしいお相手のご縁もあります。
なに不自由なく慈しみお育てなされた

感謝はすれど、決して親に心配かけてはなりません。その点、良くも悪きも圭さんの母親思いは眞子さまも見習うところがあるのではと思います。
親の心子知らずで 本当に秋篠宮殿下がお気の毒に思います。一番、信頼してご相談なさるのは お父の様秋篠宮殿下にまずはご了解を得るべきではないですか?

時代が変われば変わるものだなぁとため息が出ます。モラルが無さすぎます。こういうかたが将来 弁護士になってどうなのかとも心配もします。

この頃は 結婚も本人の自由だとよく言われますが、自由とは責任をもって行われる自由です。

眞子さまは、ご家族を悲しませる結婚はおやめになられた方がよいです。
ましてや皇族です。
お立場をわきまえて このような状態のなかを 圭さんとのLINEのやり取りなどすべきではありません。
一般国民の私でも 娘がこのようなお相手では 勝手に連絡はとらせたくないです。
今はお辛くても、見る目の角度を広げて先をお考えになられれば、もっとお二人にふさわしいお相手のご縁もあります。なに不自由なくお育てになられた秋篠宮殿下に 感謝はすれど、決して親に心配かけてはなりません。

その点、良くも悪るしも 圭さんの母親思いは眞子さまも見習うところがあるのではと思います。

親の心子知らずで 本当に秋篠宮殿下、紀子さまがお気の毒に思いえます。

一番、信頼してご相談なさるのは お父の様秋篠宮殿下ですよ。

返信する
匿名

究極はプリンセスの御気持ち次第」だと存じ上げますが、このタイミングでの借金問題は元々、借金と云えるのかどうか?そこの部分も不明です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です