やらせ請負仲介サイトとは?アマゾンやらせレビューで異例の刑事罰!!【対策】

アマゾンやらせ

9月4日、大手通販サイト・アマゾンの商品レビューでやらせがあったとして信用毀損罪が適用され話題になっています。

福岡市内の健康食品・器具の通販会社を経営している男性役員が「やらせ請負仲介サイト」に依頼し、福岡県内の40代の女性を介し、

競合他社の評価に「星一つ」をつけるやらせを行っていたことが分かりました。

そこでこんな疑問がわきました。

・そもそも、やらせ請負仲介サイトとは何?

・どうやってやらせかどうか見分ければいいの?

・世間の声はどうなの?

1件数百円でやらせレビューを書くというバイト募集があるようですが、

そのやらせ請負仲介サイトとは何か、またそのやらせを見破る方法について調べていきたいと思います。

やらせ請負仲介サイト経由やらせアマゾンレビューで異例の刑事罰!!

アマゾンやらせ

2020年9月4日、競合他社のアマゾンレビューにわざと悪い内容を書かせたとして、会社役員に対して罰金20万円の刑事罰が課せられました。

「やらせレビュー」の実行者を特定するのは非常に難しく、刑事罰に至るのは異例だとしています。

今回は被害に遭った販売元の社長が自ら投稿者名を検索し、やらせ請負仲介サイトの登録者だと特定し、18年の5月に福岡県警に被害届を提出していました。

実際の記事はこちらです。

大手通販サイト・アマゾンが扱う商品のレビュー(評価)欄にわざと悪い内容を書かせ、競合他社の信用を傷つけたとして、福岡簡裁が信用毀損(きそん)罪で、別の会社の男性役員に罰金20万円の略式命令を出したことがわかった。電子商取引の専門家によると、こうした「やらせレビュー」の実行者を特定するのは難しく、刑事罰に至るのは異例という。

■低評価の裏に「やらせ請負仲介サイト」

略式命令などによると、男性役員(25)は福岡市内で健康食品・器具の通販会社を経営。仕事仲介サイトで商品レビューの仕事を募集した際に応募した福岡県内の40代女性に対し、2018年1月、500円を支払い、福岡市の別の健康食品販売会社がアマゾンで扱うサプリメントに低評価のレビューをつけさせ、信用を傷つけた。

女性は商品を使ったことがないのに「一粒が大きくて飲みにくかった」などと書き、5段階評価で最低の「星一つ」とした。これを含め、低評価レビューが1週間で2商品に9件ほど続いたため、不審に思った販売元の男性社長(39)が投稿者名を検索したところ、やらせレビューの請負を含む仕事仲介サイトの登録者だったことがわかった。男性社長は女性と依頼主の男性役員を苦労の末特定し、18年5月に福岡県警に被害届を出した。

県警は昨年9月、福岡地検に信用毀損容疑で男性役員と女性を書類送検。今年4月に福岡区検が男性を同罪で略式起訴し、福岡簡裁が略式命令を出した。女性については地検が「諸般の事情を考慮した」として不起訴処分とした。

県警や検察に対し、女性は17年ごろ仕事仲介サイトに登録したと説明。月に2件ほどレビュー投稿の仕事を受け、1件200~600円の報酬を受け取っていたという。請け負ったのは高評価をつける投稿ばかりで「低評価の投稿を依頼されたのは初めてだった」と供述した。

※現在このレビューは削除されています。

やらせ請負仲介サイトとは何か?

そもそも「やらせ請負仲介サイト」とは何か調べてみました。

いったいどうやって登録するのでしょうか?

当時のやらせ請負仲介サイトの存在は確認できませんでしたが、現在は以下のやり方が主流とのことです。

・TwitterやFacebookなどのSNSで「Amazonレビュー募集中」などと募集している販売者にDMでコンタクトをとる。

ひと昔前は、Amazon上でユーザープロフィールという項目のメールアドレスを登録しておくと、販売者から直接レビュー(評価)を依頼するメールが届くことがあったようです。

何か商品の購入後は、口コミに載せてもらったらサービスやプレゼントなどの特典をつけますよ!ということはよくありますから、

そこにお金の謝礼が発生して意図的な評価をつけることが問題になっているのですね。

低い評価をつけることも高い評価をつけることもあるようで、一件200-600円程度は相場のようです。

どうやってやらせレビューかどうか見分ければいいの?対策は?

商品の購入前に、レビューが何件あって、どれくらい評価されているのか、レビューを参考にして購入することはよくあります。

高評価が多かったから買ったのにすぐ壊れた、不便だったなんてことは多くの方が経験済みかと思います。。

私も何度かやられました。。今考えたらやらせレビューに引っかかっていたのですね。。

そこでやらせレビューの見分け方について調査しました。

結論は、どんどん巧妙になってきているのでレビューはあくまでその程度の内容だということを念頭に置いて参考にする!ということです。

不自然な日本語はもとより、べた褒めとクレームは話半分くらいで見ておけば良いということです。

結局これが最善の付き合い方ではないでしょうか?

とは言え、判別方法が気になる方は多いかと思いますのであくまで目安ということで以下に対応策をご紹介しますね。

サクラチェッカーでレビューサクラ度確認

https://sakura-checker.jp/

開発者たちはやらせレビュー業者に侵入して、自身のサクラチェッカーの精度を上げていったようです。開発者の執念を感じます。。

評価者の過去の投稿確認

Amazonnではレビュー評価者の過去の履歴を見ることができますので、購入品の偏りや評価の偏り、一日に何件もの評価をするという不自然な投稿がないかをチェックします。

こんな感じのは怪しいですよね。今回の調査で実際に確かめてみたらこの手の評価者が結構多いことに驚きました。。

出品者の評価確認

出品して間もないのにやたら評価が高い、評価数が多いなどはちょっと怪しいですよね。

また、会社住所が日本国内ではない場合、一旦疑った方がいいかもしれません。

もちろんそのほとんどはまっとうな会社であると思いますが。

やらせレビューの世間の声は?

世間の声はこちらです。

商品の購入をしていない者が、嘘のレビューを書き、評価をつけることは、ユーザーを騙す行為で絶対にしてはいけません。もしそうした仕事の依頼がきたらきっぱりと断らなければ、仲介業者はもちろんのこと、自分自身も罪が問われうるかもしれない。今回の刑事罰は、やらせレビューを書く行為への歯止めになってくれればと考えます。
先月24日消費者庁が公表した「デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等に関する検討会論点整理」でも、やらせレビューが取り上げられており、「代行業者やレビュワーらは民事上・刑事上・行政上の法的責任が認められる場合がありえる」としています。ただし、こうした仲介業者は海外にも存在します。こうなると国内法は及びません。今後、嘘の評価で消費者の権利である「選ぶ権利」を阻害する行為を、どう排除していくのか。いまだ解決の道が、はっきりと見えてきていないのが、実情です。

買い物検討中で色々候補を見ていた。
日本製部品使用で、これ良さそうかな?と思ったら意外と低評価多し。
数日後、やっぱり気になって再度同じ商品を見ると…
低評価はすべて消えて良評価しか残ってなかった。
それもどうなんだ?
闇が深すぎて。何が正しいのか。もはや分からない。

販売元が中国企業だと「レビューで星5付けたら2000円キャッシュバックする」てAmazonPOSA風に作ったカード堂々と同梱してるけどね。
それで評価する方もする方だが…

販売元の男性社長(39)は
健康食品・器具の通販会社を経営してる男性役員(25)に対して
多額の損害賠償を請求できるね

アマゾンの評価ほど信用できないものはない。商品の不具合があり★1つも浸けたくはなかったが★1つをつけるとアマゾンよりこのレビューは掲載できませんとメールがあった。いい評価は載せ悪い評価は掲載しないというのはおかしい。壊れているもの中古でも平気に新品として送ってこられたこともある。当時は利用頻度が高かっただけにそういう商品に当たることも多かったが今ではどうしてもという時以外は利用していない。

まとめ

アマゾンのやらせレビューで異例の刑事罰の判決が出ましたので、

そこで話題になった「やらせ請負仲介サイト」について調べてみました。またやらせレビューの見分け方、対策についても調べてみました。

レビューを気にする購入者が多いので、やらせも巧妙に存在するという構造になっています。

やらせに踊らされない賢い購入者になる必要がありそうですね。

それでは今回も最後まで記事を読んでいただきましてありがとうございました。

 

こちらも読まれています。

石垣のりこ、安部首相への発言で炎上!!Twitterの発言まとめ【謝罪文】

【動画】周庭(アグネス・チョウ)保釈!!なぜ1日で保釈されたのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です