すめらぎいやさか(天皇弥栄)はヘブライ語?その意味についても解説!

皆さんは「すめらぎいやさか」という言葉を知っていますか?

2019年5月1日に、新天皇が即位し、元号が令和に変わりましたが、そんな中この言葉を目にした人も多かったと思います。

この「すめらぎいやさか」は漢字で表すと「天皇弥栄」になるのですが、この言葉は日本語なのか?また、どのような意味が込められているのでしょうか。

今回は、すめらぎいやさか(天皇弥栄)」日本語なのか?またその意味についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

すめらぎいやさか(天皇弥栄)の意味とは?

すめらぎいやさか,天皇弥栄,天皇彌榮,ヘブライ語,意味

2019年5月1日に、新天皇が即位し、元号が令和に変わりましたが、そんな中「すめらぎいやさか」という言葉を目にした人も多かったのではないでしょうか。

実はこの言葉「すめらぎいやさか(天皇弥栄)」ですが、令和になる瞬間を祝うにはピッタリの言葉で、「天皇陛下の御代がいつまでも長く平和に栄えますように」という意味が込められているのです。

ではなぜ天皇を「てんのう」ではなく「すめらぎ」と、このような読み方をするのでしょうか?気になった人も多いと思います。

それにはきちんと理由があり、祝詞などでは大和言葉を用い訓読みすべきであることから、もともと中国の音である「てんのう」という読み方はせずに、訓読みの「すめらぎ」という読み方をしているのです。

なぜ「すめらぎ」なのか?

すめらぎいやさか,天皇弥栄,天皇彌榮,ヘブライ語,意味

「天皇」の一般的な訓読みは「すめらみこと」ですよね。ではなぜ「すめらぎ」という読み方をするのでしょうか。

実は、「天皇」の訓読みは「すめらみこと」や「すめろき」、「すめらき」など複数の読み方があり、現在では読みやすさから「すめらぎ」になったと言われています。しかし、読み方でその意味は異なり、別の意味を持っています

「天皇弥栄」といった場合には「すめらぎいやさか」と読むのが正しいのですが、「すめらみこと」といった場合には特定の天皇、もしくは今上天皇を指すことが多いそうです。

そして「すめらぎ」といった場合には、皇祖もしくは皇祖から続く皇統を意味し、古より続く皇統の連続性を含んだ文脈で用いられることが多いそうです。

すめらぎいやさか(天皇弥栄)はヘブライ語?

「すめらぎいやさか」って日本語なのか?疑問に思った人も多かったのではないでしょうか。

ネットなどではヘブライ語なの?なんて声もありました。

この「すめらぎいやさか」は日本古来の言葉の大和言葉になります。

漢字で表すと「天皇弥栄」で正確には「天皇彌榮」になります。

しかし、ヘブライ語で「天皇(スメラミコト)」を直訳すると、「スメラ」「神を奉る」という意味になり、「ミコト」「栄光」という意味になり、日本語と全く同じ意味になることから、日本の天皇誕生とイスラエル民族との関りが重要であることが良く分かりますね。

もしかしたら、ヘブライ語から「スメラミコト」という言葉ができそれを漢字で表したのが「天皇」なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、すめらぎいやさか(天皇弥栄)」日本語なのか?またその意味についても紹介させていただきました。

令和の時代を祝う言葉「すめらぎいやさか」。令和もいい時代になることを願います。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事がよく読まれています。

新元号「令和」の意味や由来は?誰が考えて誰が決めたのか!文字を書いた人は?

新元号「令和」頭文字はR!18年後がヤバい?Lになる可能性も?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です