【動画】西田有志の経歴やバレーを始めたキッカケは?春高バレーは出てない?

ワールドカップバレー2019、いよいよ男子大会が10月1日に始まりました。

今回は、日本代表男子メンバーの中でも注目のルーキー西田有志選手について、経歴や家族について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

男子バレー西田有志の経歴を紹介!

日本代表,西田有志,経歴,紹介,バレーを始めたきっかけ,家族,春高バレー,出てない

男子バレー西田有志選手の経歴は、以下のとおりです。

名前:西田 有志(にしだ ゆうじ)

生年月日:2000年1月30日

年齢:19歳(2019年10月現在)

出身地:三重県員弁郡大安町(現:いなべ市)

身長:187センチ

血液型:O型

所属:ジェイテクトSTINGS

家族構成:父、母、姉、兄

現在19歳ととても若い選手ですね。

現在所属している「ジェイテクトSTINGS」には、高校在学中からチームに参入

試合にも出場し、活躍を見せました。

エース石川祐希選手とともに、今後の日本男子バレーを担う期待の選手です。

西田有志がバレーボールを始めたキッカケは家族?

西田有志選手には、8歳年上の姉と6歳年上の兄がいます。

幼稚園児の頃、そのお兄さんとお姉さんの影響でバレーボールを始めたそうです。

今、西田有志選手が所属しているジェイテクトには、お兄さんが勤めており、チーム入団という大きな決断の決め手にもなったとか。

西田有志選手のお父さんやお母さんがバレーボールをしていたかは、情報がありませんでした。

西田有志の中学・高校は?春高バレー出場経験無し!?

西田有志選手の出身中学校は、いなべ市立大安中学校です。

2014年に行われた「第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会」の三重県選抜チームに選出されています。

高校は、「地元がいい」ということで、三重海星高等学校に進学しています。

三重海星高校時代の西田有志選手(背番号1番)

東海地方のバレーボール強豪校、愛知県の星城高等学校などの誘いは断ったそうです。(石川祐希選手は星城高校出身です)

三重海星高等学校での成績は、2017年のインターハイ出場のみ。

バレーボールの花形大会と言われる春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)には出場経験がありませんでした。

ですが、第11回アジアユース男子選手権大会でU-19日本代表に選ばれ優勝しています。

そんな、無名高校を卒業後にVリーガーとなり、日本代表にも選出されるという異例の経歴を持った選手です。

西田有志の衝撃的なジャンプ力!【動画あり】

西田有志選手は身長187cmですので、2mを超える海外の選手と対戦する際に大きなハンデとなります。

しかし西田有志選手は人間離れしたジャンプ力で、その身長をカバーしています。

西田有志選手のジャンプ力が分かる動画がこちらです。

バスケットボールのゴールリングの高さは一般的に305cmあります。

西田有志選手の身長を考えると、手を伸ばした状態で約230cm前後

ゴールリングの上からダンクをしていますので、1m近くは跳躍をしているのではないでしょうか

一般男性の平均が60cm前後と言われていますので、西田有志選手の身体能力の高さには驚きですね。

実際の試合の動画がこちらです。

西田有志選手の最高到達点は344cmなんだそうです。

ワールドカップでの躍動が楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ワールドカップバレー2019で活躍の期待される西田有志選手の経歴や、バレーボールを始めたキッカケ、春高バレーに出ていないなどを紹介させていただきました。

今大会に向けてのあるインタビューで、西田有志選手は次のように答えています。

自分はまだ楽しみしかないです。もちろんいいイメージの中に悪いイメージを持つこともありますが、ただボケーっと過ごしていたら1日が過ぎていた高校時代と比べたら、こんなに今、同じ1日で充実感を感じられるなんて信じられない。楽しくて仕方ないです。

楽しみながら、試合で全力を出し切れることを祈っています。

それでは最後までこの記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です