ニューイヤー駅伝2019HONDA山中選手にアクシデント?足が変

あけましておめでとうございます!1月1日、今年もニューイヤー駅伝「第63回全国実業団駅伝2019」(TBS系列)が行われています。

今年2019年は旭化成が3連覇を達成するのか??服部悠馬率いるトヨタ自動車が王者奪還か?それとも、1憶円男の設楽悠太が所属するHONDAが初栄冠に輝くのか!見どころ満載のニューイヤー駅伝になっています。

そんな優勝候補にも挙げられているHONDAで5区を走る山中秀仁さんにアクシデントでしょうか。走り方が変です。一体何があったのでしょうか。

スポンサーリンク

【ニューイヤー駅伝21019】山中選手にアクシデント!

優勝候補にも挙げられ期待されていたHONDAですが完全に優勝争いからは脱落し、5区の山中選手にもアクシデント?がありさらに順位を落としてしまいました。

5区を走る選手の中でも高タイムのベストを持っている山中選手なだけに区間賞の可能性も期待していましたが、明らかに走り方が変で違和感を感じました。

その山中選手の走りがこちらです。

足をかばうような走り方ですよね?膝かふくらはぎあたりを痛めてしまったのでしょうか?それでも何とか15.8kmを走り切り6区に襷をつなぐことができたのはまだ良かったのかもしれませんね。

【ニューイヤー駅伝21019】山中選手の走り方が変…

Twitterなどでも山中選手を心配することが多くつぶやかれました。

結局、山中選手は区間36位(全37人中)で6区の服部翔大さんに襷をつなぐ形になりました。17位から28位に順位も下がりこれで優勝争いからは完全に脱落をしてしまったHONDAですが、何よりも山中選手の足の状態が気になりますね。

スポンサーリンク

まとめ

区間賞候補にも挙げられていたHONDAの5区を走った山中秀仁さんが区間36位に終わる結果になりました。左足をかばうような明らかに走り方が変で違和感を感じさせる走りでしたが、いったいどうしたのでしょうか?

優勝争いからも脱落していたために山中選手が走る姿が放送されることが少なく、初めから体調に不安があったのか、走り出してからのアクシデントだったのか確認することができませんでしたが、区間36位の結果だけを見ても何かがあったことが考えられますよね。

今はケガや故障が原因ではないことを願うばかりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です