鉄パイプ落下事故!解体業者の名前は?事故の発生原因は?安全確保されてなかった?

鉄パイプ落下事故,解体業者,名前,事故,発生,原因,安全確保

2019年11月19日、和歌山県和歌山市内の12階建てのビルから、鉄パイプが落下し、道路を歩いていた20歳代男性の頭部に当たり死亡する事故がありました。

なぜ、このようなことが起きたのでしょうか。

しかもこの現場では、11月15日にも同様の事故があったそうです。

今回は、鉄パイプが落下した現場や、解体工事を請け負っているのはどこの会社か、また事故原因について調べていきたいと思います。

和歌山県で鉄パイプ落下事故

鉄パイプ落下事故,解体業者,名前,事故,発生,原因,安全確保

2019年11月19日朝、和歌山県和歌山市内の、工事中のビルの屋上から鉄パイプが落下し、通行人の男性に当たりました。

男性は心肺停止の状態で病院に搬送され、心拍が戻りましたが、その後死亡。

亡くなられたのは、大阪市中央区の銀行員板垣智之さん(26歳)でした。

事件の概要は、こちらです。

19日午前8時15分頃、和歌山市のビル(12階建て)の最上部から鉄パイプ(長さ1・5メートル)が落下し、道路を歩いていた20歳代男性の頭に当たった。男性は病院に運ばれたが、死亡した。

 ビルには地元商社の本社が入る。和歌山西署や同社によると、最上部から道路までは40メートル以上。最上部で9月上旬から商社の看板の補修工事が行われ、現在は工事が終了し、足場の解体作業中だった。15日の午前中にも同様に鉄パイプが落下する事故があったという。

 工事は、商社が和歌山市内の業者に発注しており、同署は業者の安全管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死容疑も視野に捜査する。

出典:読売新聞

現場は和歌山県和歌山市十三番丁の酒直ビル

鉄パイプ落下事故が起きた現場は、「和歌山県和歌山市十三番丁30」にある酒直ビルでした。

 

和歌山市役所から、およそ180メートルのところにある市の中心部です。

現場では看板の改装を行われていて、その改装で使われた足場の撤去作業が行われていました。

どこの解体業者?名前は?

鉄パイプ落下事故,解体業者,名前,事故,発生,原因,安全確保

2019年11月19日、和歌山市十三番丁の12階建て雑居ビルから鉄パイプ(約1・5メートル)が落下し、ビルの前を歩いていた大阪市中央区谷町、銀行員、板垣智之さん(26歳)の頭に当たり、死亡した事故。

ビルの屋上では、看板の補修工事に使った鉄パイプの足場を解体していたそうです。

どこの工事会社が作業をしていたのでしょうか。

2019年11月19日午後9時現在、解体作業を行っていたのは和歌山市内の業者というだけで、会社名は発表されていません。

2019年11月20日、業務上過失致死の疑いで、和歌山市内の2つの建設会社の家宅捜索が始まりました。

刑事責任も問われる可能性も高いので、情報が入りしだいお伝えしていきます。

鉄パイプ落下事故の原因は?安全確保されてない?

鉄パイプ落下事故,解体業者,名前,事故,発生,原因,安全確保

和歌山県和歌山市内で起きた鉄パイプ落下事故。

このビルの管理担当者によると、2019年11月15日午前11時半ごろにも、同様の作業中に鉄パイプ1本が落下する事故があったそうです。

この時けが人はなく、工事を中断していたが、受注業者から安全確保ができたと連絡があり、18日に再開したばかりだったとか。

その際、

・落下防止用のネットを付けること

・撤去する鉄パイプには補助ロープを付けること

この2点を安全確保のために追加しました。

しかし実際に落下した鉄パイプには、補助ロープはついていなかったようです。

安全確保以前に、作業員の注意力や危機管理意識が全く持ってなかったと言わざるを得ませんね。

ネットの反応は?

地元だからわかるけど、亡くなった方がいる時点で大きな問題だけどあの時間帯もしかしたらもっと亡くなっててもおかしくないよ。かなり田舎だけど和歌山民からしたら東京で言う新橋的な場所なんだよ…。

和歌山の鉄パイプが落下して20代男性が亡くなったやつ あれほんと可哀想。 この前にも落下させたみたいで対策したから再開したって言ってたけど 対策になってなかったから人死なせたんだよね? 仕事する上でそんなどこかしらに手抜きがあるけんやん。 益々外仕事の人のイメージ悪くなったね……

余りにも不運過ぎて言葉も無いんだけど、アレは付いてかったのかな?って検索したら「朝顔」って言うんだね、落下防護用の網みたいなやつ。もし仮にアレがあったら助かってたのかな?

建築に携わる物として、とても人事とは思えない。注意に注意を重ねても起こってしまう事故はあるが、現場では今一度、管理を徹底するべき。特に鉄パイプなどは落下速度に比例して、地上に落下時はかなりの荷重が掛かるし。 2度と起きて欲しくない

ふざけた工事だな。。。 何で作業する直下が立入禁止区画されてねぇんだよ。。。

和歌山の鉄パイプ落下とか、過失致死以外の何ものでもない。。 ご家族のこと考えると本当辛すぎる。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2019年11月19日、和歌山県和歌山市内の12階建てのビルから、鉄パイプが落下し、道路を歩いていた20歳代男性の頭部に当たり死亡するという事故について、解体業者の名前や、事故原因、安全確保はされていたのか調べていきました。

お亡くなりになった板垣様のご冥福をお祈りいたします。

今後こういった事故が起きぬよう、万全な安全対策をお願いしたいものです!

それでは、最後までこの記事を読んでいただきまして、ありがとうございました。

2 COMMENTS

HY

残念ながら、朝顔「防護棚」については拘束力、強制力のある法律も条例もありません。国土交通省のガイドラインに沿って、法律を作るべきです。

返信する
阿波 稔

上から鉄パイプが落ちてきて人が亡くなるって。
数日前にも落としたというのに。
上からストレス発散に狙ってても分からない。
高層ビルが増えた弊害。
建て替えばかりして仕事増やして。
人が足りないから仕方ないというのだろ。
何やろね
狙われないよう気をつけて生きてるだけ。
つまらない世の中にしていくね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です