石垣のりこ、安部首相への発言で炎上!!Twitterの発言まとめ【謝罪文】

8月28日、元アナウンサーで立憲民主党の石垣のりこ参院議員がTwitter上で安倍首相に対して差別発言をして炎上しています。

ちょっと理解できない発言でしたが、実際に石垣のりこさんは何と言ったのか、Twitter上での発言をまとめてみました。

また、この発言に対しての世間の声を調査してみました。

石垣のりこ参院議員が安倍首相への発言で炎上!!

2020年8月28日、難病に指定されている「潰瘍性大腸炎」を患っている安倍首相の辞職表明を受けて、

「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」とTwitter上で発言し炎上しています。

これはさすがに安倍首相をよく思っていないとしても人として問題発言ですね。

実際の記事はこちらです。

元アナウンサーで立憲民主党の石垣のりこ参院議員が28日、ツイッターに新規投稿。安倍晋三首相の辞意表明を受け、「総理総裁に担ぎ続けた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべき」と指摘した。

一方、安倍首相について「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と表現したことが物議を醸し、「石垣のりこ」や「危機管理能力」がツイッターのトレンドになった。

石垣氏は「総理といえども『働く人』。健康を理由とした辞職は当然の権利。回復をお祈り致します」とねぎらった上で、

「が、『大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物』を総理総裁に担ぎ続けてきた自民党の『選任責任』は厳しく問われるべきです。

その責任を問い政治空白を生じさせないためにも早期の国会開会を求めます」と訴えた。

石垣氏の投稿に対し、同じ立憲民主党の藪原太郎・武蔵野市議会議員は「体を壊す癖ってなんですかね。その発言は人としてどうかと思いますよ」とツイート。

同党の治田学・渋谷区議会議員も「安倍総理は色々と批判されてしかるべき総理だと思いますが、『大事な時に体を壊す癖』というのは不適切な表現だと思います」と問題視するなど、立憲議員からも批判が続いた。

「こんな発言があるからブラック企業があるのですよ」というリプに対して、石垣氏は「第一次政権も体調不良でお辞めになり、この八年の間もなんども健康不良説が流れたわけです。

なのに『安倍しかいない』と押しつけてきたわけです。もし自民党が会社ならば、これほどブラックな職場もないでしょう」と反論投稿した。

念のためプロフィールも紹介しておきますね。

プロフィール

 

生年月日:1974年8月1日

出身地:宮城県仙台市宮城野区

出身校: 宮城教育大学

前職:エフエム仙台アナウンサー

職業:参院議員

所属:立憲民主党

当選回数:1回(初当選2019年7月29日 )

さすが元アナウンサーだけあっておきれいですね。

現在仙台市で一人娘さんと暮らしているようです。

2019年に離婚されたとのうわさがありましたが、そもそも2009年に産休を取りましたが結婚したとも公表していなく離婚した事実も不明なようです。

石垣のりこ参院議員のTwitter発言のまとめ

それでは石垣のりこ参院議員のTwitter発言をまとめていきます。

こちらがTwitterの原文になります。

この発言に対して、立憲民主党の枝野幸男代表は「申し訳ありません」と謝罪しています。

また「執行部として不適切であるとの認識を伝え然るべき対応を求めました」と発表しています。

そんな中、こんな発言があるからブラック企業があるのですよという批判に対して、

もし自民党が会社ならば、これほどブラックな職場もないでしょう。と応戦しています。

その後、少し態度が軟化してきました。

ちょっとやばくなってきたと焦りが出てきた感じがあります。。

そして、、、

ここでやっと謝罪に転じましたね。

なぜか枝野幸男代表の名前は出てきませんが。。

強気で発言して、その後批判を受けて謝罪する。

よくある政治家の典型ですね。安倍内閣をひたすら批判すればよいという日頃からの姿勢がつい出てしまうのでしょうか。。

ただし、その謝罪文も「疾病やそのリスクを抱え仕事をする人々に対する配慮が足りなかったと反省しお詫びします。」としています。

安倍総理への直接の謝罪にはなっていませんので、「お詫びします。」という表現に仕方なし感が出てしまっていますね。。

せっかく謝罪されたのですから、受け手にこのような印象を持たせてしまう表現はもったいなく感じます。

石垣のりこさんの発言を受けて世間の声はこちら!!

石垣のりこさんの発言を受けて、世間の声を調査してみました。

さすがに今回は非難の声ばかりでしたね。

国会での品に欠けるののしるような質問の仕方、そして「大事な時に体を壊す癖がある…」の言い方。
立民ってとてもじゃないですが、まっとうな正当とは思えません。玉木さんが分党を選択した理由(わけ)がよく分かります。

そもそも人権軽視を批判する立場だからこそのリベラル陣営が
あまりに言葉が軽いよねってイメージが定着しすぎて
だから信用されないんじゃないの?って話で

持病のある人間は社会に出てはいけないということでしょうか。首相、或いは政治家としては、好悪、善悪あるでしょうが、人間存在を軽視した発言が経済論理だけでなく人権を重視するはずの野党から出たのは非常に残念です。

石垣議員の理論でいくなら、持病持ちの人や障害者は、責任のある仕事をしてはいけないという事だな。
癌などの闘病をしながら働いている方は、たくさん居るんだけど。
この人は、議員というより、人として最低なコメントをツイートしたと思う。

石垣のりこってひどい議員だなと思った。初めて聞いた名前だけど、Twitter見ると元アナウンサーなの?どこの局だろ。こんな人として終わったアナ、最悪やな。てか立憲は人として人格に問題ある人が多い気がする。絶対に立憲の議員には投票しないことを誓う。

今後、コロナの(倦怠感などの)後遺症に苦しむことになる人々のことも「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と差別される方なのだと受け取りました。

そのような価値観の方が、コロナ禍の有事、議席の一つを埋めていることは残念に思います。

政治家相応しくないと思います。
この発言に「いいね」されてた原口一博議員も信じられません。

コロナ禍に必要な資質が欠けているとしか私には思えません。

最低ですね。
国会議員の前にひとりの人間です。
思いやることができないんでしょうか。
こんな人に議員をしてほしくないですね。
色々問題はあったでしょうが、まずはお疲れ様でしたと言いたいです。
しっかりと治療に専念してほしいです。

擁護派の意見も調査してみましたが、さすがに見当たりませんでした。。。

まとめ

28日、難病に指定されている「潰瘍性大腸炎」を患っている安倍首相の辞職表明を受けて、

立憲民主党の石垣のりこさんが「大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」とTwitter上で発言し炎上しました。

ですので今回はTwitterの発言をまとめて、その発言に対しての世間の声を調査してみました。

それでは今回も最後まで記事を読んでいただきましてありがとうございました。

 

こちらも読まれています。

【動画】レバノン大規模爆発をホリエモンが解説!カルロスゴーンの被害は?

【音源】小倉優香が生放送のラジオ番組で降板を直訴。真相は事務所との関係性!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です