切手着服の郵便局幹部の名前や顔画像!刑事告訴や逮捕は?芝・神田郵便局

2019年10月31日、郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手を着服し、計約5億4千万円に換金していたことが分かりました。

これは、郵便局の売り上げにつながる切手代を横領していたことになりますね。

しかし幹部2人は、懲戒解雇となったものの、開示告訴はされていません。

このような行為が、懲戒解雇で済まされていいのでしょうか。

そこで今回は、切手を着服した郵便局幹部の名前や顔画像、刑事告訴はされないのかなどについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

郵便局幹部2人が切手を着服!総額5億4千万円!

切手着服,郵便局幹部,名前,顔画像,刑事告訴,逮捕,芝郵便局,神田郵便局

郵便局でまた不祥事

郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手を着服し、計約5億4千万円に換金していたことが分かりました。

悪用されたのは、個々の封筒やはがきに切手を貼る代わりに、料金相当額を現金や切手で一括して支払う料金別納の制度。

本来、

①企業などが、大量に配達を依頼した際に、料金を切手で支払う。(大量持ち込みは割引になる為)

 

②受け取った切手(シート)は、本来「使用済み」を示す消印を押したうえで、総務部で細断処分。

という流れになっています。

切手着服,郵便局幹部,名前,顔画像,刑事告訴,逮捕,芝郵便局,神田郵便局

着服に不正使用された切手シート(例)

しかし、郵便部の担当者が「どうせ細断されるから」と考え、消印を押す手間を省いて総務部に回すことがあるそうです。

今回、切手を着服していた40代男性は、総務部の課長でした。

また、もう一人の50代男性は、総務部に回る前未消印の切手を持ち出していたとみられています。

切手着服の郵便局幹部2人の名前や顔画像は?

切手着服,郵便局幹部,名前,顔画像,刑事告訴,逮捕,芝郵便局,神田郵便局

郵便部課長代理だった50代男性が勤務していた神田郵便局

約5億4千万円もの切手を着服していた、郵便局幹部2人の名前や顔画像を調べてみました。

しかし現在も、名前や顔画像などの公表はありません。

これだけの行為を行っていて、懲戒解雇のみの処分というのはあまりにも軽すぎる気がしてしまいますね。

着服したお金も、どこに行ってしまったのでしょうか。

切手を着服した郵便局幹部2人について

切手着服,郵便局幹部,名前,顔画像,刑事告訴,逮捕,芝郵便局,神田郵便局

総務部課長だった40代男性が勤務していた芝郵便局

切手を着服して懲戒解雇となった、郵便局幹部2人について、現在分かっている情報は以下の通りです。

・芝郵便局(東京都港区)で総務部課長だった40代男性

消印のない切手を不正に持ち出して換金。

総額は2014~16年度の3年間で計約1億4千万円。

当時は出納責任者で、切手の細断処分を実行する立場にあった。立会人も置いていなかったため、持ち出しが可能な状態にあったという。

・神田郵便局(東京都千代田区)で郵便部課長代理だった50代男性

総務部に回る前の未消印の切手を持ち出していたとみられ、換金額は14~16年度で計約4億円。

換金された切手は回収されておらず、通常の切手として再び流通した。

切手着服の郵便局幹部の刑事告訴や逮捕は?

切手を着服していた、郵便局幹部2人の処分については、懲戒解雇となっています。

また郵便局では、この不祥事について公表していませんでした。

今回の報道は、関係者の話から発覚したそうです。

着服の金額や悪質性から考えれば、刑事告訴も考えられる案件ですよね。

行為としては横領と何ら変わりないだけに、逮捕にならない理由が不思議です。

スポンサーリンク

ネットの反応

ネットの反応について調べてみました。

恐ろしいのは、この二人が全く無関係であるということ。同じ企業内で同じ不正が二つ見つかった。会社からボールペン1本持って帰るのも、億単位の金券を着服するのも同じ横領。

誰も見ていなければ着服してしまう。どうやっても着服できない仕組みをつくる。

2人で5.4億って。。。

懲戒免職だけで済ましていい問題ではないでしょう。
横領で告訴すべきなのでは?

郵便局の不祥事が続きますね。
ずさんな組織だからこのような事件が起こっても不思議ではない、にしても金額が大きすぎますね。
懲戒免職だけで済ませるレベルではない。
あと、課長代理っていうのは幹部ではないですよ。一般企業の係長レベルです。

告訴してなかったなら、この事件を秘密にしようとしてた?闇ですね。

返還されなかったから逮捕なのではないですかね?返還なんて出来ないでしょうけど。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、切手を着服した郵便局幹部の名前や顔画像、刑事告訴はされないのかなどについてまとめていきました。

同じ東京都内の郵便局で、2人で5億円もの切手を着服していたというのは恐ろしいですね。

まだまだ氷山の一角であることが、今回刑事告訴に至らない理由なのでしょうか・・・。

このような行為に対して刑事告訴をしないとは、郵便局の体質を疑いかねない事件ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です