林田崇の顔画像!父親・昭の死因や犯行動機は?ペットショップは有限会社ドッグワン

林田崇,顔画像,父親,昭,死因,犯行動機,運営会社,ペットショップ,有限会社ドッグワン,高松市

2019年11月14日、香川県高松市で、父親(70)の遺体を自宅で焼いて遺棄したとして、ペット関連会社役員・林田崇容疑者(29)が逮捕されました。

逮捕容疑は、死体損壊と死体遺棄の疑いとなっています。

いったいなぜ父親の遺体を焼いたのでしょうか。

また父親の死因や、犯行動機も気になります。

そこで今回は、林田崇の顔画像や犯行動機と、父親の昭さんの死因などについて調べていきたいと思います。

高松市で自宅で父親の遺体を焼却!

林田崇,顔画像,父親,昭,死因,犯行動機,運営会社,ペットショップ,有限会社ドッグワン,高松市

香川県高松市で、父親(70)の遺体を自宅で焼いて遺棄したとして、ペット関連会社役員・林田崇容疑者(29)が逮捕されました。

父親の昭さんは、「有限会社ドッグワン」の社長で、林田崇容疑者は、その会社の役員を務めていたようです。

逮捕容疑は、死体損壊と死体遺棄の疑いで、林田崇容疑者は容疑を認めています。

殺人の有無などについては分かっていませんが、実の父親を焼却するなんて恐ろしすぎます。

報道された内容がこちら

報道された内容がこちらです。

香川県警は14日、父親(70)の遺体を自宅で焼いて遺棄したとして、死体損壊と死体遺棄の疑いで、高松市香南町、ペット関連会社役員林田崇容疑者(29)を逮捕した。

 逮捕容疑は10月30日から今月13日までの間、自宅敷地で父昭さんの遺体を焼却し、遺棄した疑い。

 捜査1課によると、昭さんの所在が分からないとの連絡を受けて捜査していた。容疑を認めているという。

 民間信用調査会社などによると、林田容疑者が役員を務めていた会社は昭さんが社長を務め、犬の販売やトリミング、繁殖事業を展開。高松市など複数のショッピングモール内に店舗を構えていた。

父親の昭さんが社長を務める「有限会社ドッグワン」は、イオン高松、イオン綾川などに店舗を構えています。

トリミングの他、ペットホテルや、老犬ホームセラピーなど、幅広く展開をしていたようですね。

そんな父親の昭さんですが、なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか。

林田崇の顔画像!

父親を焼却した林田崇容疑者の顔画像について調べてみました。

しかし現在も、林田崇容疑者の顔画像については公表されていませんでした。

なお父親の昭さんについては、ホームページで顔画像を公表していました。

林田崇,顔画像,父親,昭,死因,犯行動機,運営会社,ペットショップ,有限会社ドッグワン,高松市

優しそうな雰囲気をした人ですね。

2001年にトリミング全国日本一になるなど、日本のトリミング界では有名な方のようですね。

林田崇容疑者のプロフィール

林田崇容疑者のプロフィールがこちらです。

名 前:林田 崇

年 齢:29歳

住 所:香川県高松市香南町西庄1383-1

職 業:ペット関連の会社役員

会 社:有限会社ドッグワン

顔画像など公表され次第お伝えしていきたいと思います。

林田崇の犯行動機は?

林田崇容疑者は取り調べに対して容疑を認めていて、

「仕事上の意見の食い違いがあった」

などと供述をしていることが分かっています。

しかし林田崇容疑者は、まだ29歳で、経営者としてもまだまだ未熟だったと思われます。

父親に理解してもらえないことから、このような事件を起こしてしまったというのは余りにも短絡的な犯行ですね。

林田昭さんは有限会社ドッグワン社長でトリミング日本一

林田崇,顔画像,父親,昭,死因,犯行動機,運営会社,ペットショップ,有限会社ドッグワン,高松市

香川県高松市で起きたこの事件で、焼かれた遺体で発見された林田昭さん。

林田昭さんは、2001年にトリミング全国日本一の他、2011年にもアメリカトリミングコンテストで優勝するなど輝かしい記録の持ち主です。

そんな林田昭さんは、

昭和55年ペットショップ(エレガンス) オープン

昭和62年トリミングスクール(サンシャイン高松)開校

昭和63年トリミングスクール(サンシャイン松山)開校

平成元年 老犬ホームセラピー オープン

平成7年イオンモール高松に(ドックガーデン高松) オープン

平成8年イオンモール綾川に(ドックガーデン綾川) オープン

など、事業展開などの他、トリミングスクールも開校し、トリミング全国大会日本一を5名も養成しています。

現在も現役で活動していたことからも、突然の今回の報道に驚きが隠せない人も多かったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ネットの反応は?

ネットの反応についてまとめてみました。

どう考えても殺人ぽいですね。
完全犯罪に出来ると踏んでたのならカナリ頭は悪いドラ息子だったのでしょうか。

40歳の時にできた息子に焼き殺されるとは、父親も無念だったでしょう。

他の記事に「「仕事上で意見の食い違いがあった」と話しているといい、県警は殺人容疑も視野に捜査する方針。」とある。

そもそも死因は何なんでしょうか?
逮捕後に証拠を集めて、殺人罪で立件する可能性も考えられます。

亡くなった父親に対して
人間とは思えない扱いをするんだから、
動物のことは、もっとひどい扱いをしてた
可能性が高い。
これも、しっかり調査してほしい。

殺人っぽいとは要するに、まだ社長で現役バリバリだったってことは自然死ではなくて殺人をして遺棄した可能性が高いってことですね

殺人の証拠隠しで燃やしたんだよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、林田崇の顔画像や犯行動機と、父親の昭さんの死因などについてまとめていきました。

焼いたという事は、殺人の証拠を消すためか、相当な恨みなどがあった可能性が考えられますね。

実の父親に対してこのような行為をするなんて恐ろしすぎます・・・。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

1 COMMENT

金城

林田昭先生は、ジャパンケネルクラブのドッグショーでの有名な審査員であり紳士でした。
犬業界にとって多大な損失です。
私の犬もショーで評価してもらいました。
心より冥福をお祈り申し上げます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です