抗菌施工費とは?強制それとも任意?これって本当に必要あるのか

こんにちは!青木 いさおです。

先日賃貸のアパートを契約してきたのですが、初期費用の見積りに「抗菌施工費」の項目があり、その金額がなんと10,800円(税込)!しかもハウスクリーニング費はまた別なので、これは何のためのものなのか?疑問ですよね。

今回契約した不動屋さんは大手の大東建託だったのですが、数年前に別の不動屋さんで契約した時にはそんな項目はありませんでした。

そこで抗菌施工費がなぜ必要なのか、またその効果はどうなのか?を調べてみました。そして、強制なのか任意なのかも調べてみましたので参考にしてみてください。賃貸のアパートは一度契約してしまってはキャンセルができませんので、後々公開するようなことにならないためにも知識を持って損のないようにしましょう。

スポンサーリンク

抗菌施工費とは?必要性はあるのか?

抗菌施工費とは、いわゆる消毒による「害虫駆除」にかかる費用です。ダニとか、ゴキブリとかですよね。また水回りのカビ防止の処理やインフルエンザの予防という不動屋さんもいるそうですが、インフルエンザはさすがに言いすぎですよね…(笑)それで予防できるなら1万でも安いくらいです(笑)

実際どのような作業になるかというと、わかりやすく言えばバルサンみたいなものでそれの業務用です。効果はもちろんあります。引越してきてキッチンの扉を開けたらゴキブリがいた!なんてことは避けたいですもんね、業者作業のほうが安心ですので施工するメリットはありますよね。

ですので人によっては必要性があるといえますね。

抗菌施工費は強制なのか任意なのか?

では実際に、抗菌施工費は強制なのか任意なのか?ですが、これは任意であることがほとんどです。不動屋さんから「この物件には抗菌施工が必須なので、入居者様には必ずお願いしているんです」といわれても、強制ではないことがほとんどです。

抗菌施工費はオプションで、大家さんが条件として要求している場合もありますが、そのほとんどが不動屋さんで行っているものです。つまり不動屋さんの商売ともいえるでしょう。

入居してすぐゴキブリとご多面なんてことは誰しも避けたいところですので、施工する価値はありますが、任意ではありますので必要がないと思えばはっきりと断りましょう!

大東建託では、「予算がないので外してください」と言ったところ、「わかりました、抗菌施工費を外した金額なら予算は大丈夫ですか?」と親身にいい対応をしてくれましたよ。

抗菌施工は自分でもできる!

抗菌施工したいけど10,800円はちょっと高い!なんて人もいますよね。その場合、自分で抗菌施工を行いましょう。

抗菌施工はつまりバルサンです。家庭用のバルサンで代用できますので、抗菌施工を自分で行うことも可能です。

煙がでるので火災報知器が反応してしまうのではないかと思われるかもしれませんが、最近のバルサンは火災報知機に反応しないようにできてますので安心してください。

今回大東建託から提示された抗菌施工費の金額は10,800円でしたが、ほかの業者では30,000円近くする金額を提示されたという話も聞きます。ですが実際の作業にかかる原価は1,000円にもならない??とも言われています。

提示された金額に納得ができない場合は自分で抗菌施工を行うのも一つの方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「抗菌施工費」とはなんなのか、強制なのか任意なのか?についてお話させてさせていただきました。

引越し費用や家具家電の予算確保のためにも、アパートを契約する時の初期費用はできるだけ抑えたいものです。アパートは一度契約してしまうとキャンセルをすることができませんし、もちろん条件を変えることもできません。契約後に無駄な出費だったのではないかと後悔しないためにも、しっかりした知識を持って損をしないようにしましょう。

 

消化用具費についてもこちらでまとめてみました
消火用具費って必要?消火用具ってなんだろう?損をしないアパート契約

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です