デザイナー伊藤聡美の制作した衣装画像まとめ!衣装の値段や年収は?

2019年1月8日にフジテレビ系列で放送される「セブンルール」に、フィギュアスケートの衣装デザイナーの伊藤聡美(いとうさとみ)さんが出演しました。

伊藤聡美さんはフィギュアスケート界では有名な天才衣装デザイナーで、表彰台にあがる選手のそのほとんどが伊藤聡美さんの手がけた衣装を着ているといっても過言ではないほどです。

そんな伊藤聡美さんが制作した衣装の数々をまとめてみましたので画像で紹介していきたいと思います。また世界で活躍するトップ選手が着るこの衣装の値段、気になりませんか??衣装の値段や売れっ子デザイナーの年収も調べてみましたので一緒に紹介していきます。

スポンサーリンク

デザイナー伊藤聡美の制作した衣装画像!

セブンルールに出演した伊藤聡美さんが衣装を手掛ける選手は、羽生弓弦さんや、宇野昌磨さん、宮原知子さん、本田真凜さん、紀平梨花さんなど、選手の名前を並べてみるだけでも伊藤聡美さんがどれだけすごいデザイナーさんなのかが分かりますよね。

フィギュアスケートを見たことがある人なら、間違いなく何度も何度も伊藤聡美さんが制作した衣装を見ているのです。

そんな伊藤聡美さんの制作した衣装で一番有名のがこの「SEIMEI」です。

この「SEIMEI」も毎回デザインが変わっていて、羽生弓弦さんがデザインしたイメージを伊藤聡美さんが見事に再現しています。

羽生弓弦さんにとって伊藤聡美さんは専属の衣装デザイナーともいえる信頼関係にあります。ふたりの出会いのきっかけは2014年。もともと予備の衣装を依頼されていた伊藤聡美さんでしたが、羽生弓弦さんが中国の選手と衝突するアクシデントがあり衣装が使えなくなってしまいました。その時2週間という短い期間で羽生弓弦さんの新しい衣装を用意し羽生弓弦さんの無茶な要望に応えました。それから衣装をお願いするようになったそうです。素敵な話ですよね。

その時の衣装というのがこちらです。

話が長くなってしまいましたね!それでは他の選手の衣装も一気に紹介していきます。

本当に多くの選手の衣装を手掛けていますが、どの衣装も選手に合ったデザインで伊藤聡美さんのセンスが光っていますね。それもそのはず、伊藤聡美さんは選手の顔や雰囲気になるべく似せてデザインをしているそうで、選手やコーチからも着て演技しているところがイメージしやすいと好評だそうです。

デザイナー伊藤聡美の衣装の値段や年収は?

ここまでトップスケーターたちの衣装を手掛けるようになった伊藤聡美さんですので、その衣装もかなり高いのではと予想ができます。以前に浅田真央さんが着ていた衣装が100万円??なんて噂もありましたよね。

実際、トップ選手たちが着ている衣装の値段については公表されていませんが、伊藤聡美さんは20万円から衣装制作の依頼を受け付けているそうです。ですがプロのスケーターになると1着20万円~80万円ほどすると言われていますので、トップ選手の衣装にもなると80万円ほどはしてくるのではないでしょうか?

きっと羽生弓弦さんの「SEIMEI」に関してはかなりこだわり抜いた衣装になっていますので100万円以上してもおかしくなと思っています。

またそんな伊藤聡美さんの気になる年収ですが、一般的なデザイナーさんの年収は中堅さんで500万~800万ほどだそうです。では伊藤聡美さんの場合ですが、伊藤聡美さんが手がけている衣装は年間で50着ほどだそうですので、1着約80万だとして売上高が4000万円。そこから外注費や材料費、経費などを引いて1500万~2000万円ほどではないでしょうか?素材や材料にもこだわっているみたいですので、もしかしたらこれよりも少ないかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

それでは今回は「セブンルール」に出演していた伊藤聡美さんの今までに制作した衣装の画像のまとめや、衣装の値段と年収についても調べてみました。

トップ選手の衣装の制作にはプレッシャーがありそうですが、好きなことを仕事にして輝いている伊藤聡美さんは素敵ですね。

これからも伊藤聡美さんが制作した衣装を着て活躍する選手がたくさんいることでしょう。フィギュアスケートの選手たちの活躍とともに伊藤聡美さんの衣装にも注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です