杉本宏之とは?経歴がすごい!嫁は韓国人?不動産事故や負債、離婚も!

今回は不動産業界としては最年少の28歳で株式上場して、業界の風雲児ともいわれ一躍時の人となった杉本宏之さんについて紹介していこうかと思います。

その杉本宏之さんは現在シーラホールディングスの会長を務めグループ企業を7社も持つ起業家ですが、ここまでの道のりは簡単なものではありませんでした。

株式会社エスグラントコーポレーション時代にはリーマンショックの影響で400億もの負債を抱え経営破綻するなど、一度は人生のどん底を経験している杉本宏之さんの苦悩の生い立ちや経歴を調べてみました。また韓国人の嫁との離婚なども調べてみましたので紹介していきます。

スポンサーリンク

シーラホールディングス会長の杉本宏之の経歴

まず杉本宏之さんのプロフィールを紹介します。

名  前:杉本 宏之(すぎもと ひろゆき)
生年月日:1977年6月25日(41歳)
出  身  地:茨城県生まれ、神奈川県川崎市育ち
職  業:起業家
会  社:株式会社SYホールディングス

41歳の杉本宏之さんですが、優しそうな雰囲気をしたさわやかな笑顔が素敵な方ですね。人望があり人の良さが表情に出ているようです。

ですが杉本宏之さんはかなりの苦労をされているということで衝撃でした。その苦労というのも、父親が始めた不動産の事業が失敗して給食費も払えないほどの貧乏生活をしていたそうです。

そんな中、杉本宏之さんが中学生の時に母親が病気で他界。杉本宏之さんも父親もショックを受け入れきれない状態が続いたのではないかと想像できますが、父親と大喧嘩をした時には包丁で腕を刺されたこともあったそうです…。

奨学金で専門学校に通い宅建の資格を取得し不動産の営業マンになりようやく生活が落ち着くかと思いきや、杉本宏之さんの初任給を父親が勝手に引き出し家出。杉本宏之さんは血のつながった父親からの裏切りと同時に一人になりました。

不動産事業に失敗した父親の背中を追い同じ不動産業界に進んだ杉本宏之さんにとって父親はどのような存在だったのでしょうか。

杉本宏之の嫁は韓国人?離婚した?

杉本宏之さんは以前に自身の著書「30歳で400億の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」の中で離婚について話していました。2009年3月に経営破綻をしましたが、そのころに嫁から離婚を申しだされ不本意ながらも離婚することになったようです。

2歳になるかわいい娘さんもいたそうで、会社が400憶の負債を抱え社員からも憎しみの言葉をかけられる中、嫁と子どもも失った時の杉本宏之さんのショックは計り知れませんね。

スポンサーリンク

まとめ

杉本宏之さんの経歴や韓国人の嫁との離婚などについて紹介させていただきました。

1月7日には深キョンこと深田恭子さんとの交際報道があり結婚間近ともいわれています。一度はどん底まで落ちた杉本宏之さんですが、第二の人生でもう一度幸せを掴むまでの努力はかっこいいですね。

杉本宏之さんのこれからの活躍が楽しみです。

こちらの記事で、杉本宏之さんの年収やインスタなど画像もまとめてみました!
シーラホールディングス杉本宏之の年収は?インスタや顔画像まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です