道端アンジェリカの旦那はキムジョンヒで韓国人!通名や年収は?【顔画像】

道端アンジェリカ,旦那,夫,キムジョンヒ,韓国人,通名,年収,顔画像

道端アンジェリカさんが、2017年12月に結婚した韓国籍のお相手が、キム・ジョンヒさんであることが分かりました。

キム・ジョンヒさんは、恐喝の容疑で逮捕され、顔画像なども公表されることになってしましました。

そこで今回は、道端アンジェリカさんの韓国人の旦那・キム・ジョンヒさんについて紹介していきます。

スポンサーリンク

道端アンジェリカの旦那はキム・ジョンヒで韓国人!【顔画像】

道端アンジェリカさんの韓国人の旦那・キム・ジョンヒさんの顔画像がこちらです。

道端アンジェリカ,旦那,夫,キムジョンヒ,韓国人,通名,年収,顔画像

道端アンジェリカさんは、結婚当時、お相手は一般人だからという理由で、顔画像の公表はしていませんでした。

しかし恐喝容疑で逮捕され、世間に公表されてしまいましたね。

キム・ジョンヒのプロフィール

道端アンジェリカ,旦那,夫,キムジョンヒ,韓国人,通名,年収,顔画像

道端アンジェリカさんの旦那・キム・ジョンヒさんのプロフィールがこちらです。

名 前:キム・ジョンヒ

年 齢:37歳

職 業:飲食店経営者

国 籍:韓国

道端アンジェリカさんの旦那は、報道では、「広告会社勤務」と報道されていました。

しかし逮捕された時の報道では、「飲食店経営」とされています。

脱サラして、飲食店を開業したという事なのでしょうか。

道端アンジェリカさんの旦那・キムジョンヒが逮捕!

そんな道端アンジェリカさんの旦那・キムジョンヒさんですが、恐喝の容疑で逮捕されました。

恐喝容疑の概要がこちらです。

知人男性から金を脅し取ったとして、警視庁は3日、モデルの道端アンジェリカさん(33)の夫で韓国籍の飲食店経営、キム・ジョンヒ容疑者(37)=東京都港区=を恐喝容疑で逮捕した。捜査関係者への取材で判明した。

逮捕容疑は、8月7日、渋谷区の会社事務所で40代の会社役員男性に、「うそをついたら鉛筆で目を刺す。おまえの家族をめちゃめちゃにしてやる」などと脅し、現金35万円を振り込ませて脅し取ったとしている。

捜査関係者によると、現場には道端さんも同席していた。男性からの相談で発覚したという。何らかのトラブルがあったとみて捜査している。

【山本佳孝】

恐喝をした現場には、道端アンジェリカさんも同席をしていたそうです。

そのことから、道端アンジェリカさんも共犯なのではないか?とネットで話題となっています。

また恐喝をした理由が、旦那キムジョンヒさんの「嫉妬」なのではないか?とも言われているようです。

道端アンジェリカの旦那キム・ジョンヒの通名は?

道端アンジェリカ,旦那,夫,キムジョンヒ,韓国人,通名,年収,顔画像

道端アンジェリカの旦那は、本名で報道されました。

韓国籍の方を報道する際、通名を使うことも多いことから、通名についても気になる人がいたようですね。

そこでキムジョンヒさんの通名について調べてみたのですが、通名に関する報道はどこもしていませんでした。

通名は使わず、本名を常に使っていたのでしょうか。

道端アンジェリカの旦那キム・ジョンヒの年収は?

道端アンジェリカ,旦那,夫,キムジョンヒ,韓国人,通名,年収,顔画像

道端アンジェリカは、自身の結婚相手の理想として

年収5000万円以上

と話していました。

その理由として、

「お金を持っている人は優しい。お金がない人の方が性格が悪い」

などと話すほどで、実際に結婚したキム・ジョンヒさんもかなりの収入があるのではないかと言われていました。

しかしキム・ジョンヒさんは、もともと広告会社勤務と言われています。

年齢的にも数千万円という年収があるとは考えにくいですよね。

また現在は、飲食店を経営しているとされていますが、それほど大きく店舗展開しているわけではなさそうです。

しかも今回の恐喝では、被害男性から35万円を脅し取ったとされています。

35万円ですら欲しがっていたという事は、それほど年収は高くはなかったのではないかと考えられますね。

スポンサーリンク

道端アンジェリカはデキ婚!

そもそも、道端アンジェリカさんとキム・ジョンヒさんはデキ婚だったと言われています。

2017年12月に入籍をして、2018年2月には膨れたお腹の写真と共に、妊娠を発表。

理想通りの相手ではなく、妊娠が結婚の決め手となったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、道端アンジェリカさんの韓国人の旦那・キム・ジョンヒさんについてまとめていきました。

恐喝の容疑で逮捕されましたが、起訴されるかどうかについては分かりませんね。

まだ小さなお子さんもいますし、反省して、良い家族でいてもらいたいですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です