暴行事件は山口真帆(まほほん)の被害妄想に!解雇や卒業か?原因は?

新潟を拠点に活動しているAKBアイドルグループ「NGT48」のメンバー山口真帆(23)さんが、2019年1月8日に配信した動画配信サービスに中で男性2人に暴行を受けたことを告白したことが、NHKやテレビ朝日でも報道され今回の事件が広がりを見せています。

そんな中、警察の取り調べなどから犯行に及んだ男性2人(一部では3人とも)は一度は逮捕されるも不起訴で釈放され、山口真帆さんが告発したメンバーの関与も否定されました。

このままでは、山口真帆さんの被害妄想のまま終わってしまう可能性が大きいです。今回の暴行事件は山口真帆さんを解雇するか卒業という形で幕が下りてしまうのか…。

実は山口真帆さん以前に不祥事を起こしていて、「被害妄想だ」と言われても仕方ない原因があったのです。その原因についても紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

暴行事件は山口真帆(まほほん)の被害妄想?

まず今回の事件について簡単に振り返ってみたいと思います。

まほほんこと山口真帆さんが2019年1月8日に配信したライブ配信動画の中で、2018年12月の公演終わりに新潟市内の自宅玄関先で男性2人に顔を抑えられるなどして暴行を受けたと告白しました。

そして証言によればその男性2人は同じNGT48のメンバーの部屋から出てくるところを見たことがあると言い、調べによるとそのメンバーが山口真帆さんの自宅の住所を教え、帰宅時間までリークしたそうです。

同じ仲間であるメンバーが男を使って山口真帆さんを襲わせたとなると、NGT48の活動はもちろんAKBグループにも影響するほど大きな問題に発展していきそうです。有耶無耶にすることは許されず事件の解明や今村支配人や関係者のきちんとした事情説明が求められますね。

その告白があった「SHOWROOM」の実際の動画がこちらです。

SHOWROOMで配信した動画は途中で強制的に打ち切られ動画も削除されてしまいました。運営側が何か隠したかったとしか思えない行動ですよね。

今回のことについて、山口真帆さんは自身のツイッターに鍵をかけた上でツイートをしました。その内容がこちらです。

閉めようとしたドアをこじ開け押し倒される、こんな怖い思いをしているのに「被害妄想」だと一言で片づけてしまう今村支配人には不信感を覚えますよね。

山口真帆(まほほん)が解雇に?卒業の可能性も

作成中

山口真帆(まほほん)が解雇、卒業になる原因とは?

作成中

スポンサーリンク

まとめ

作成中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です