霜降り和牛で共演!和牛優しい、川西のプロ対応に絶賛の声!

霜降り明星の優勝で幕を閉じた平成最後のM-1グランプリですが、コンビ名がややこしいことから、3年連続準優勝となった和牛と合わさり霜降り和牛と間違われることが多いですよね。

なんだかおいしそうなコンビ名でギャグにもなるので流行りそうですね(笑)

そんな中、霜降り明星と和牛の共演が見たい!4人で漫才してください!など多くの人が共演を期待していた翌日12月3日に和牛がMCを務める生配信番組で共演をしました。

和牛、川西のプロ対応に絶賛の声

M-1後初の共演となった番組で、和牛の西川さんと霜降り明星の粗品さんのやりとりに絶賛の声があがっています。

霜降り明星の粗品さんが「ボク、川西さんみたいになりたくて相方(せいや)とも相談してたんですよ」と言ったところ、和牛の川西さんが自虐ネタで「そ、粗品になりたい」(優勝した粗品になりたい)と返し笑いをとっていました。

背中追われる側から、気がつけば背中を追う立場に変わっていたと、とても3年連続で準優勝と悔しい思いを感じさせずそれすらも笑いに変える和牛はお笑いのプロといえますよね。

番組当日、スタジオに着いた霜降り明星のふたりに「疲れてない?」と声をかけるなど、和牛の優しさと心の広さは見習いたい姿ですね。

和牛はネタも優しいと話題に

和牛のネタはスタイリッシュでおしゃれで、優しいツッコミだと評判です。

今回の決勝で披露したネタ「オレオレ詐欺」でも、ママ役がハマっていて優しさがあふれてると話題になっていました。

まとめ

霜降り明星の優勝が決まりふたりが全力で喜ぶ中、悔しさがあるはずなのに笑顔でふたりの優勝を祝う姿がとても印象的でした。

3年連続準優勝という結果に終わった和牛にとってのM-1グランプリでしたが、和牛が優勝してもおかしくないほどのネタの出来だったのはM-1グランプリを見ていた人ならみなさん思ったことでしょう。

来年も新ネタをひっさげ、和牛の優しいネタで優勝するところが見てみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です