ルーニーがまた逮捕!!理由は公衆の場で泥酔?保釈金は2700円!

1月7日、サッカーのイングランド代表で活躍したあのルーニーがアメリカで逮捕されたとして報道されました。この報道にまたか、と思った人もいるのではと思いますが、今回逮捕された理由は公衆の場で泥酔し暴言を吐くなどした疑いだそうです。

そのルーニーは先月12月16日に米バージニア州にあるワシントン・ダレス国際空港で空港警察により逮捕され、地元当局によれば現在は保釈金を払って釈放されているそうです。

その保釈金が2700円とも言われていてどんな事をしてしまったのか、「公共の場での悪態ならびに酩酊」と説明された今回のルーニー逮捕についての世間の声を集めてみました。

スポンサーリンク

ルーニーが逮捕!公衆の場で泥酔!世間の声は?

ルーニーの逮捕について世間の声をまとめてみました。

お酒での失敗とのことで、他人事ではないなと思いましたが(笑)バージニア州では今回ルーニーが起こした事は軽犯罪にあたるそうで、罰金2700円というのも庶民的な金額ですね。

スポンサーリンク

まとめ

イングランド代表の主力としてワールドカップにも何度も出場し、所属するマンチェスター・ユナイテッドでも数多くのゴールをあげ輝かしい実績を残しているルーニー。33歳になった現在も、米メジャーリーグ・ サッカー(MLS)のDCユナイテッドでプレーしており、今季はチーム最多の12ゴールを決めています。

そんなルーニーが泥酔して逮捕され2700円の保釈金を払ったというのは何だか少し笑えてしまう話ですね。

2017年にも飲酒運転で逮捕されているだけに、今後もまたお酒の失敗を繰り返さないか心配ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です