シニア向け!スマホデビューは格安スマホで通信料を格安に

いさお
いさお

こんにちは!青木 いさお です

本日は、スマホデビューを考えてる方におすすめの格安スマホについてお話したいと思います。

「スマホを持ってる友だちが増えてきた、わたしもそろそろスマホデビューしたい」

「旅先の写真を友だちと共有したい、孫の写真をもっと大画面できれいに見たい」

など、ほかにも長年愛用してきた携帯がついにこわれた、充電が持たなくなってきたことなどをきっかけにスマホデビューをする方も多くなってきました。

スマホデビューするシニアの方は増え続け、2018年1月にNTTドコモモバイル社会研究所が行った調査では、60代のスマホ所有率が50%を超えたとの発表がありました

つまり2人に1人はガラケーではなくスマホを使用しているのです、70代でも30%を超えたそうですからすごいですよね。

 

でも、スマホといっても種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからないわ

スマホにしたいけど携帯代金が高くなるのは困るわ

そう悩む方が大変多いです。

 

そこで、スマホデビューには格安スマホをおすすめします。

格安スマホをおすすめする理由

格安スマホをおすすめする理由は次の3つです。

1、毎月の携帯代金が格安になる
2、機種本体とセットでも格安料金
3、契約年数の縛りが短い

それでは、ひとつずつ説明していきます。

毎月の携帯代金が格安になる

格安スマホにすると、毎月の携帯代金が格安になります。

会社名 プラン 月額料金
mineo(マイネオ) デュアルプラン

(データ通信+音声通話)※3GB

1510円~
LINEモバイル コミュニケーションフリープラン

(データ通信+音声通話)※3GB

1690円~
Yahoo!モバイル スマホプランS

(データ通信+音声通話)※2GB

1980円~
楽天モバイル スーパーホーダイプランS

(データ通信+音声通話)※2GB

1480円~

上の表のように、格安スマホでは月々の携帯代金が2000円以下で利用することができます。

ドコモやauなど大手キャリアでは上手に使っても月額料金が6000円以上はしますので、格安スマホを利用することで毎月約4000円程度料金を抑えることができます。一年で換算しますと約5万円も携帯代金を節約することができます。

なぜこんなにも安いのかと不安に思う方もいらっしゃると思いますが、格安スマホがここまで安いのにはきちんと理由があります。

①データ使用量が小容量から契約できる
②電話かけ放題のプランではないこと

大手キャリアでは、大容量のデータ使用が可能で電話かけ放題のプランが基本になっています。そのため、どんなにデータ通信をしてもどんなに電話をかけても追加料金がないので、安心して使用ができるというメリットの反面月額料金がどうしても高くなってしまいます。

ですが格安スマホでは、小容量のデータ使用量のプランから契約することができて、電話もかけ放題ではなく通話した分だけ(だいたい30秒20円)の料金になっているので、月額料金が抑えることができます。

ご自身のライフスタイルに合わせて、必要な分だけを賢く契約することが可能なんです。

機種本体とセットでも格安料金

先ほどの料金には機種本体の料金は含まれていませんでしたが、格安スマホでは機種本体代を含めても格安で利用することができます。

格安スマホを提供している会社では、1万円以下のものから、そこそこの機能の機種でも2~3万円程度のモデルも取り扱っています。24分割払いを利用すれば月々の支払いは1000円前後ですので、月額料金と合わせても2000円台から利用することが可能なんです。

機種本体代が安いのにもきちんと理由があります。

①低価格で提供するために機能や性能を抑えてるから
②ブランド力のないマイナーなメーカーだから

大手キャリアでは、アップルやソニー、シャープなど大手メーカーの新機種でなおかつ高性能なハイスペックモデルを取り扱っていて、7~10万以上する高価な機種がほとんどです。

ですが格安スマホでは、防水やお財布ケータイなどの機能、処理速度などの性能を抑えて低価格で提供できるよう工夫されたモデルも扱っています。またマイナーなメーカーであることがほとんどです。

聞いたことのないメーカーだし、安い分機能や性能が抑えられてると聞くと不安に思われるかもしれませんがそんなことはありません。

テレビで例えますと、ニュースやたまにスポーツ中継を見る程度のご家庭で、せっかくだからと30万円以上もする70V型4K対応大型液晶テレビを買うのと、3万円で32V型の液晶テレビを買うのとではどちらが賢い買い物になるかということです。ニュースを見るのに超高画質な大画面で、大迫力の音声が必要ですか?3万円の液晶テレビのほうが賢い買い物になることはわかっていただけますよね。

実際に、ファーウェイというメーカーから販売されているP20 liteですが、販売価格は約3万円でRAMが4GBでカメラの画素数も1600万画素と大手メーカーの高性能機種にも引けを取らない仕様になっています。

契約年数の縛りが短い

格安スマホでは、契約年数が1年もしくは早くて180日と契約年数の縛りが短いのも特徴です。

スマホデビューの際、スマホを使いこなせるか心配がつきものですよね。

そこで「やっぱりスマホは合わなかった」ということにならないよう、「試しに180間使ってみよう」ということができるのも大きなメリットです。

大手キャリアでは最低でも2年縛りになります、割引の大きい契約によっては3年ということもあります。ですが、契約途中で解約をすると高額な解約金が必要になってきてしまいます。

ですのでスマホデビューには、契約年数の縛りが短い格安スマホにすることで安心して利用することができます。

おわりに

申し込みがインターネットからしかできなかったり、契約後のサポートが不十分であったりと、格安スマホに不安を感じてさけている方もいらっしゃると思います。

ですが最近では実店舗があったり、サポート体制もしっかりしている会社が多くなってきました。

もともと格安スマホはデータ使用頻度が少ないシニアの方に支持され広まり、その後幅広い世代にも対応できるようサービスを変えてきたものです

あなたのライフスタイルに合わせて格安スマホを賢く利用していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です