炭酸水の井戸で転落事故!原因と真相!二酸化炭素で死亡する理由とは

天然炭酸水,井戸,転落事故,原因,真相,二酸化炭素,死亡,理由,なぜ

2019年8月15日に、福島県金山町の天然炭酸水が湧く井戸で、男女2人が転落し死亡する事故が起きました。

この事故で亡くなったのは、新潟県長岡市の無職・諸橋勲さん(77)と、姪の会社員・伊佐るり子さん(49)でした。

この天然炭酸水が湧く井戸は、地元の観光名所にもなっていていましたが、なぜこのような事故が起きてしまったのか。

今回は、炭酸水の井戸で転落し二人が亡くなった、原因や真相について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

炭酸水の井戸で転落事故!原因と真相は?

福島県金山(かねやま)町の天然炭酸水が湧く井戸で、男女2人が転落し死亡する事故が起きました。

この事故を報じたのは朝日新聞でした。

内容がこちらです。

15日午前5時10分ごろ、福島県金山(かねやま)町大塩の天然炭酸水が湧く井戸で、炭酸水をくみに来ていた新潟県長岡市の無職諸橋勲さん(77)と、めいで同市の会社員伊佐るり子さん(49)が転落しているのを親族が見つけた。2人は病院に運ばれたが死亡が確認された。

 県警などによると、2人は親族と車で訪れた。炭酸水をくみに行った2人の戻りが遅いため、近くで待っていた親族が発見した。井戸は深さ約4メートル、水位は約1メートル。2人に大きな外傷はなく、井戸内の二酸化炭素を吸って転落した可能性も含め、原因を調べている

 金山町によると、大塩の天然炭酸水は古くから知られた薬泉。地元住民や観光客が自由に飲めるほか、県外の業者がペットボトルで販売している。2016年のG7伊勢志摩サミットや今年のG20大阪サミットでも提供された。(飯沼優仁、古源盛一)

引用元:Yahoo!ニュース

亡くなった二人は、一緒に観光へ来ていた親族に発見されたそうです。

そして、朝日新聞さんの記事では、二酸化炭素を吸って転落とあり、そんな危険な場所があるのか?と疑問の声が多く上がっていました。

また、この天然炭酸水が湧く井戸は、金山町の観光名所で、今回の事故に地元の住民からは悲しみの声が上がっています。

転落事故の原因や真相は?

今回、転落事故が起きた炭酸水が湧く井戸はこちらです。

1.5m×0.5m(四角)ほどの井戸には、転落防止用の緑の金網が設置され、炭酸水を汲むためのやかんも用意されています。

天然炭酸水,井戸,転落事故,原因,真相,二酸化炭素,死亡,理由,なぜ 天然炭酸水,井戸,転落事故,原因,真相,二酸化炭素,死亡,理由,なぜ

しかし今回の事故では、当時この転落防止用の金網が何者かに外され設置されていなかったようです。(設置されていなかった理由については分かっていません)

その為、転落した原因として考えられるのは、諸橋勲さん(77)が

足を滑らせ、誤って転落

そして、諸橋勲さんを助けようと、伊佐るり子さん(49)も

井戸の中に身を投じてしまった

可能性が考えられます。

そして二人は、二酸化炭素による二酸化炭素中毒で亡くなってしまったと考えられます。

朝5時という時間帯や、雨上がりであったことから、足場は濡れていたと思われます。

二酸化炭素で死亡する理由は?炭酸水の井戸で転落事故!

二酸化炭素(炭酸ガス)を吸って死亡するってどういうこと?と疑問に思った人も多かったようです。

実は、二酸化炭素は空気よりも重いため、二酸化炭素は井戸の底に溜まります

その為井戸の中に身を投げてしまった際に、充満した二酸化炭素により酸素が吸えず二酸化炭素中毒になってしまったと考えられます。

今回の井戸は水位の低い物でしたが、このような危険があることは看板などを設置して周知する必要があったのかもしれませんね。

ネットの声は

スポンサーリンク

まとめ

今回は、炭酸水の井戸で転落し二人が亡くなった、原因や真相について紹介させていただきました。

このような事故が起きてしまい、地元では悲しみの声が聞こえますが、亡くなった二人のご冥福をお祈りいたします。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事が良く読まれています!

金村竜一が逮捕されないのはなぜ?理由は証拠不十分?偽造ナンバーとの情報も

金村竜一はガセ!本名や素顔は特定?BMW試乗車で煽り運転の運転手!

山本果の顔画像!職業や勤務先の会社は解雇?愛知県豊橋市煽り運転

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です