元農水相銃撃!玉澤徳一郎・犯人の名前や顔画像や動機は?暴力団の犯行か

2019年12月10日、元農水相の玉澤徳一郎さん(81)が、何者かに銃撃を受ける事件が起きました。

なお犯人は確保され、銃撃された玉澤徳一郎さんも、命に別状はないとのことです。

いったいどんな人物の犯行だったのでしょうか。

そこで今回は、元農水相銃撃事件について、玉澤徳一郎さんや犯人の名前や顔画像、暴力団の犯行かとの疑問について調べていきたいと思います。

元農水相の玉澤徳一郎さんが銃撃される!

元農水相の玉澤徳一郎さんが、何者かに銃撃を受ける事件が起きました。

事件の詳しい状況などについては現在も分かっていませんが、犯人の身柄は確保され、玉澤徳一郎さんも命には別条はないとのことです。

そんな玉澤徳一郎さんには、以前、暴力団とのつながりが問題となりました。

そのことから、玉澤徳一郎さんを銃撃した犯人は、暴力団関係者ではないかと言われています。

報道された内容がこちら

報道された内容がこちらです。

元衆院議員で農林水産相などを務めた玉沢徳一郎氏(81)が10日午後、盛岡市内の自宅付近で、男に銃撃されたことが、捜査関係者の取材で分かった。足を負傷したが、命に別条はないという。撃ったとみられる80代の男は出頭したといい、岩手県警が事情を聴いている。

玉沢氏は岩手県出身で、早稲田大大学院修了。早大雄弁会の先輩である海部俊樹元首相の秘書を務め、2度の落選を経て昭和51年に初当選。村山富市内閣で防衛庁長官を、雄弁会の後輩でもある小渕恵三内閣で農水相を務めた。

玉澤徳一郎さんを銃撃した犯人は、自ら出頭していたことが分かりました。

玉澤徳一郎の顔画像!

元農水相の玉澤徳一郎さんの顔画像がこちらです。

玉澤徳一郎さんは、衆議院議員(通算9期)、防衛庁長官(第56代)、農林水産大臣(第28代・第29代)などを歴任しました。

玉澤徳一郎さんには、様々な黒い噂もあり、問題視される人物でもありました。

2007年夏、2004年分の政党支部虚偽記載問題が浮上。玉澤が代表を務める政党支部が領収書を偽造して重複計上したことが発覚する。同年9月3日、責任を取る形で同党を離党し無所属となった[1]。無所属となったため、2007年自由民主党総裁選挙には参加できなかった。政党支部領収書偽造問題では、政党支部会計責任者職務代行であった公設秘書が政治資金規正法違反や有印私文書偽造・同行使の罪で起訴され、懲役1年6月・執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

玉澤徳一郎元農水相(衆院政治倫理審査会会長、自民・東北比例)と裏社会のかかわりを批判する怪文書が5月中旬、永田町に出回り、波紋を広げている。調査によれば、怪文書が指摘するとおり、玉澤代議士の資金管理団体「21世紀への政策研究会」の事務所(東京・千代田区平河町)がある部屋に元指定暴力団構成員が社長を務める株式会社、後藤組(本店・新潟県長岡市)の東京出張所が同居していたことが判明している。登記簿によると、後藤孫民氏が代表取締役で、玉澤代議士の政策秘書、仲谷俊郎氏が取締役に就いていた。後藤組は1969年に設立された土木建築工事の設計・施工コンサルタント会社で数々の公共事業を手がけている。後藤氏は「二十数年前に足を洗った」と主張するが、02年2月には東京都水道局発注水道管敷設工事の談合事件で警視庁捜査4課に逮捕されている。

銃撃した犯人の名前や顔画像!

元農水相の玉澤徳一郎さんを銃撃した、犯人の名前や顔画像を調べてみました。

しかし現在も、犯人の名前や顔画像とも、公表はされていないようです。

情報が入り次第お伝えしていきたいと思います。

ネットの反応

ネットの反応についてまとめていきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、元農水相銃撃事件について、玉澤徳一郎さんや犯人の名前や顔画像、暴力団の犯行かとの疑問についてまとめていきました。

日本でも銃撃による事件が多く発生していますね。恐ろしいです。

それではこの記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です