新型肺炎の発生場所や感染経路は?30代の中国人でヒトからヒトに感染?

2020年1月16日、日本国内で初めてとなる、新型肺炎(新型コロナウイルス)の患者が確認されていたことが分かりました。

この患者は現在、症状は回復して隊員をしているとのことです。

しかしネットでは、発生場所や感染経路について疑問を感じる声が多く上がっていました。

そこで今回は、新型肺炎の発生場所や感染経路などについて調べていきたいと思います。

国内で初めての新型肺炎患者が確認される

新型コロナウィルスの発生場所や感染経路は?

日本国内で初めてとなる、新型肺炎の患者が確認されていたことが分かりました。

新型肺炎は、中国中部で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題。

この患者は、1月6日に武漢市から帰国して、10日に入院しましたが、15日には回復して退院をしているとのことです。

報道された内容がこちら

報道された内容がこちらです。

中国中部の湖北省武漢市で原因不明の肺炎の発症が相次いでいる問題で、武漢市への渡航歴がある人が日本国内で肺炎の症状を訴え、国立感染症研究所のウイルス検査で同じ肺炎の陽性反応が出ていたことが16日、関係者の話で分かった。

日本国内での患者の確認は初めてで、政府は同日中にも関係省庁との間で対応を協議するとみられる。

引用元:産経新聞

現在政府では、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し、情報収集など対応に当たっているとのことです。

新型肺炎の発生場所は神奈川県

国内で初めて新型肺炎の患者が確認されたとのことで、いったい発生場所はどこなのか不安に思う方も多いようです。

この新型肺炎が確認されたのは、神奈川県で、この方は神奈川県に居住している30代の中国人ということも分かっています。

なお入院先の病院などは公表されていません。

感染者の情報

感染者の情報がこちらです。

国 籍:中国

年 齢:30代

住 所:神奈川県

職 業:不明

武漢市に滞在している際に、新型肺炎に感染しました。

感染経路は?

ではいったいこの中国人の方は、どこから感染をしたのでしょうか。

発症者の多くが武漢市内の海鮮市場の関係者であることが分かっていますが、中国人男性は市場には立ち寄っていないようです。

現在、感染経路については分かっていませんが、新型肺炎の患者と濃厚接触していたことからヒトからヒトへの感染の疑いもあると言われています。

30代の中国人でヒトからヒトに感染? 

新型肺炎は、ヒトからヒトへの感染があるのでしょうか。

武漢市当局は

「限定的だが人から人へ感染する可能性は排除できない」

とのコメントをしています。

しかし、

「現時点では感染が大きく拡大する可能性は低い」

また、発症者が多く確認されたのは「華南海鮮卸売市場」でした。

「華南海鮮卸売市場」では、海産物だけでなく、食用のハリネズミやカエル、蛇などを扱う店もあるそうですが、こちらも感染との因果関係については分かっていないとのことです。

感染経路が分かっていないのは本当に怖いですね。

新型肺炎の症状

新型肺炎の症状は、

・発熱

・全身のだるさ

・咳

・呼吸困難

が主な症状で、初期症状は発熱と咳です。

また中国では、計41人が新型肺炎に感染して、うち男性1人が死亡、高齢者や持病のある人が重症化しやすいと言われています。

まとめ

今回は、新型肺炎の発生場所や感染経路などについてまとめていきました。

現在、感染経路については分かっておらず、症状も風邪に似ていることから不安になりますね。

それではこの記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です