森保良生の顔画像やFacebookは?犯行動機やDVについても!奈良の妻暴行事件

森保良生,顔画像,Facebook,犯行動機,DV,奈良県,暴行事件

2019年12月15日、奈良県三宅町で、会社員・森保良生容疑者(51)が傷害の疑いで逮捕されました。

森保良生容疑者は、自宅寝室で妻の顔面を殴ったり蹴ったりして脳損傷などのけがをさせた疑いがもたれています。

なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか、日常的にDVがあったのでしょうか。

そこで今回は、森保良生の顔画像やFacebook、犯行動機などについて調べていきたいと思います。

奈良県で妻暴行事件!

森保良生,顔画像,Facebook,犯行動機,DV,奈良県,暴行事件

奈良県三宅町で、会社員・森保良生容疑者(51)が傷害の疑いで逮捕されました。

森保良生容疑者は、自宅寝室で妻の顔面を殴ったり蹴ったりして脳損傷などのケガをさせた疑いがもたれ、容疑を認めているとのことです。

脳損傷をするほどの暴行を加えるとは、日常的にDVが行われていた可能性も考えられそうです。

報道された内容がこちら

報道された内容がこちらです。

妻(53)の顔面を蹴るなどの暴行を加えてけがをさせたとして、奈良県警天理署は15日、傷害の疑いで同県三宅町、会社員森保良生容疑者(51)を逮捕した。署によると、妻は病院に搬送され、意識不明の重体。

 逮捕容疑は14日午後10時35分ごろ、自宅寝室で妻の顔面を殴ったり蹴ったりして脳損傷などのけがをさせた疑い。

 署によると、14日に夫婦で知人宅を訪問した際の手土産に関し、妻が「持って行く必要があったのか」と森保容疑者に尋ねたことが暴行のきっかけになった。

森保良生容疑者が妻に暴行するキッカケとなったのが、知人宅に訪問した際の手土産を、持っていく必要があったのかどうか。ただそれだけのことでした。

こんな些細なことで意識不明の重体になるような暴行を加えるというのは、違和感を感じてしましますね。

森保良生の顔画像やFacebookは?

傷害の疑いで逮捕された、森保良生容疑者の顔画像やFacebookについて調べてみました。

しかし現在も顔画像については公開されておらず、FacebookなどSNSも特定はされていないことが分かりました。

容疑が固まりしだい、顔画像も報道されると思われますので情報が入り次第お伝えしていきたいと思います。

森保良生のプロフィール

森保良生容疑者のプロフィールがこちらです。

名 前:森保 良生

年 齢:51歳

住 所:奈良県三宅町

職 業:不明

容 疑:傷害の疑い

森保良生の犯行動機やDVは?

森保良生容疑者が妻に暴行をして意識不明の重体にさせた理由は、

夫婦喧嘩

でした。

しかもそのキッカケは、

知人宅に訪問した際の手土産を、持っていく必要があったのかどうか

とされています。

しかしそんな些細なことで、これほどの暴行を加えるとは考えにくく、他の要因や、もしくは日常的にDVなどの暴行を加えていた可能性も考えられそうですね。

スポンサーリンク

ネットの反応は

ヤフーニュースなどの、ネットの声をまとめてみました。

ほんと腹立たしい。
外面が良い旦那だったんでしょうね。
ちょっとのことですぐキレる。
私はDVで離婚しましたが、たぶん日頃から暴力があったのでは。
日頃の鬱憤を妻に向けるな!
奥様が意識回復することを願うばかりです。

人のお宅にうかがう時には 手土産持って行くのは常識だと思いますが、意識不明になるまで殴るのは 非常識です。

殴ったり蹴ったりって言うことは普段から暴力が日常的に行われていたように思えますね。
奥さんの質問に知人宅に『お土産を持っていく必要があったのか?』と質問するのも⁇⁇⁇
旦那さんからすると人の家にいくのに手ぶらではいけないと思ってたかも知れない。
口論の理由はあったとしても暴力は絶対にいけないと思います。

今まで一度も暴力振るったことない、という場合、一発殴った時点で自身の心にブレーキかかるものです。
やっていいことじゃないってね。

だけど、家庭内で何度も執拗に暴力を振るうのは、「こいつにならやっていい」と、対象者を絞った暴力を振るい慣れている場合です。

こうした場合は、なんとも下らない理由であろうと、ちょっと気に入らないだけで「こいつになら何をやってもいい」となり、暴行の内容がひどくなり、最終的に事件として発覚するレベルの怪我を被害者に負わせることになります。

普段から暴力あったのだろうと思います。
暴行が執拗に過ぎる。
初めてとか普段はやることはないとかなら、一発殴った時点で自身の心にブレーキかかるけど、何度も何度もというのは、「こいつにならやっていい」のDVの特徴です。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、森保良生の顔画像やFacebook、犯行動機などについてまとめていきました。

まだ詳細が分かっていないことも多いですが、どんな理由があれこれほどの暴行を加えるのは許されることではありませんね。

それではこの記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です