加古川市立中の30代男性教諭(生徒指導)の名前や顔画像!中学校はどこ?

2019年12月17日、兵庫県加古川市立中で、30代男性教諭が中学1年の男子生徒の腹を殴る体罰を行っていたことが分かりました。

この30代の男性教諭は生徒指導を行う立場にありました。

なおこの男性教師の処分については、報道されていません。

兵庫県内の教員による不祥事が後を絶ちませんね…。

そこで今回は、加古川市立中の30代男性教諭(生徒指導)の名前や顔画像について調べていきたいと思います。

兵庫県加古川市立中で30代男性教諭が暴行!

加古川市立中,30代男性教諭,生徒指導,名前,顔画像,中学校

兵庫県加古川市立中で、30代男性教諭が中学1年の男子生徒の腹を殴る体罰を行っていたことが分かりました。

これは、男子生徒が無断で保健室に行ったことから指導の一環で行われました。

体罰による指導は複数回行われ、それぞれ1回ずつ男子生徒に暴行を加えました。

報道された内容がこちら

報道された内容がこちらです。

兵庫県加古川市教育委員会は16日、市立中学校の30代の男性教諭が、1年の男子生徒の腹を計3回殴ったと発表した。市教委は体罰に当たるとして教諭を指導。生徒と保護者に謝罪し、兵庫県教委に報告した。

 市教委によると男性教諭は10月中旬、授業が始まる前に、教室で生徒の右脇腹を左拳で1回殴った。別の日にも1回ずつ腹を拳で殴ったという。生徒にけがはなかった。

 男子生徒が9月中旬から複数回、授業に出ず無断で保健室に行ったため、教諭は「用もなく、頻繁に保健室に行くな」と注意。

生徒は「次に理由を言わずに保健室に行ったら、殴ってもらっていいです」と伝え、教諭は「殴ることは体罰になる。そっちが言い出したことだから、それ約束な」と告げた。

10月にも生徒が無断で保健室に行ったため、教諭はほかの生徒に「今からあかんことが起きるから、みんな顔を伏せろ」と言って教壇に生徒を呼び、殴ったという。

30代の男性教諭が、男子生徒に暴行を行うまでには次のようなやり取りがあったようです。

①男子生徒が、複数回、無断で保健室に行き授業を欠席。(9月中旬)

②それに対して30代男性教諭が、「用もなく、頻繁に保健室に行くな」と注意。

③注意された男子生徒が「次に理由を言わずに保健室に行ったら、殴ってもらっていいです」と伝える。

④「殴ることは体罰になる。そっちが言い出したことだから、それ約束な」と告げる。

⑤再度、男子生徒が無断で保健室に行ったことから「今からあかんことが起きるから、みんな顔を伏せろ」と言って、クラス内で暴行。(10月)

上記のように、男子生徒と30代の男性教諭の間には、約束事が交わされていたようですね。

この件がどのようにして発覚し、問題となったかについて詳細は報道されていません。

しかし、生徒に殴っていいといわれ本当に暴行を加えるのは、教員としてとても浅はかな行為ですね。

加古川市立中では以前にも不祥事が

加古川市立中の30代男性教諭の名前や顔画像!

加古川市立中,30代男性教諭,生徒指導,名前,顔画像,中学校

兵庫県加古川市立中の体罰を行った、30代男性教諭の名前や顔画像について調べてみました。

しかし現在、この男性教諭に関する情報は何も報道されていませんでした。

処分についても明らかにはされておらず、今後、新しい情報が入り次第お伝えしていきたいと思います。

体罰の中学校はどこ?

1年生の男子生徒に体罰を行った、男性教諭が勤務する中学校は、加古川市立の中学校と報道されています。

加古川市立の中学校は、

加古川中学校

神吉中学校

志方中学校

中部中学校

浜の宮中学校

氷丘中学校

平岡中学校

平岡南中学校

別府中学校

山手中学校

両荘中学校

陵南中学校

以上10校があります。

この中のどこかの中学校であると考えられますね。

被害にあった男子生徒を考慮し、中学校を特定できる情報については報道されていません。

30代の男性教諭(生徒指導)の懲戒処分は3度目

男子生徒に対する暴行で問題となっている、30代の男性教諭による体罰は今回で3度目のようです。

2010年と、2012年にも体罰で懲戒処分になっていることが分かりました。

日常的に生徒に対する暴行を行っていたことも考えられそうです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、加古川市立中の30代男性教諭(生徒指導)の名前や顔画像についてまとめていきました。

兵庫県では度重なる不祥事により、芋づる式に不祥事が発覚しています。

兵庫県の教育現場が心配になってしまいますね。

それではこの記事を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です