【登戸事件】犯人・岩崎隆一の家族や生い立ちがヤバい…従姉がカリタス出身?

2019年5月28日の早朝に起きた、川崎市登戸殺傷事件。この事件で、大人と子ども合わせて19人が襲われ、小学6年生の女児と、外務省職員の男性(39歳)が亡くなりました。

事件を起こした犯人・岩崎隆一容疑者は事件後に自身の首を切り自殺。

事件の真相が解明されることは無くなってしまいましたが、岩崎隆一容疑者の複雑な家族関係や生い立ちなどから、事件を起こした経緯について少しずつ明らかになってきました。

そこで今回は、川崎市登戸事件の犯人・岩崎隆一容疑者の家族や生い立ちについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

川崎市登戸で無差別殺傷事件!

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

2019年5月28日午前7時40分ごろ、川崎市登戸新町にある登戸第一公園付近のバス停で、カリタス学園のスクールバスを狙った無差別殺傷事件が起きました。

この事件で、カリタス小学校に通う児童17人とその保護者2人が被害に遭い、小学6年生の女児と、外務省職員の男性(39歳)が亡くなり、保護者の女性(45歳)を含む3人が重傷を負いました。

岩崎隆一容疑者は、コンビニ店の敷地内にリュックサックを置き、両手に刃渡り30cmほどの柳刃包丁を持って、近くにいた保護者の女性(45歳)を切りつけ、保護者の外務省職員の男性(39歳)を複数回、切り付けた後、バスに乗ろうと列を作っていた児童を襲うと、最後は自分で首付近を刺して倒れ込んだとみられています。

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

防犯カメラの映像から、保護者の男性を襲ってから自身の首を切るまでにかかった時間はわずか十数秒だったそうです。

一瞬の出来事に、何が起きたのか、理解することができなかったのではないでしょうか。

また、岩崎隆一容疑者は刃物を4丁所持していたことや、カリタス小学校の女児を襲う前に保護者を襲い、背後から無言で女児を襲っていることから、犯行の計画性がうかがえます。

岩崎隆一容疑者が、何らかの理由で、カリタス学園に対して恨みや特別な感情があったと考えられますね。

【登戸事件】トリアージが行われ岩崎隆一は「赤」と判断

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

岩崎隆一容疑者は事件後、自身の首を切り、倒れているところを警察に確保されました。

その時の様子が撮影されています。

岩崎隆一容疑者が、大量の血を流し倒れていますが、この時には意識があることが分かります。

この登戸の無差別殺傷事件ではトリアージが行われ、岩崎隆一容疑者は「赤」と判断され、高くの病院に最優先で搬送されましたが、死亡が確認されました。

また、岩崎隆一容疑者の他に、小学生の女児2人と保護者の女性(45歳)が「赤」、小学6年生の女児と外務省職員の男性(39歳)は「黒」と判断されました。

トリアージでは、「命の価値は平等」としているものの、行きどころのない憤りを感じますね。

【登戸事件】犯人・岩崎隆一の家族や生い立ちがヤバい!

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

今回、川崎市登戸で起きた無差別殺傷事件の犯人・岩崎隆一容疑者についての情報が少しずつ明らかになってきました。

岩崎隆一容疑者は、神奈川県川崎市麻生区に80代の叔父と叔母の3人で暮らしをしていました。

岩崎隆一容疑者の両親は、岩崎隆一容疑者が幼い頃離婚し、どちらの親に引き取られることなく父親側の兄夫婦に預けられ、兄夫婦の子ども2人と祖母の6人暮らしをしていたそうです。

しかし中学校を卒業後、家に引きこもるようになり、約30年間、岩崎隆一容疑者の存在を知る人はいないという壮絶なものでした。報道された岩崎隆一容疑者の顔写真が、中学校の卒業アルバムの写真だったことからも、いかに交友がなかったのかがうかがえますね。

幼少期のころから変わっていた

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

そんな岩崎隆一容疑者ですが、幼少期のころを知っている近所の人の話では、金魚鉢の金魚を見たいと他人の家に勝手に入り込み覗いていたそうで、気になり心配をしていたといいます。

また小学校でも、キレやすい性格で、学校内でも問題を起こし先生から目をつけられていたそうで、クラスメイトの中には鉛筆で刺されたことのある人が数名いるそうです。

そんな性格からか、小学校や中学校では友だちが少なかったようです。

両親が離婚し、どちらにも引き取られず、行きどころのない不安や悲しみが岩崎隆一容疑者を取り囲っていたのかもしれませんね。

川崎市に相談していた

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

叔父と叔母は、岩崎隆一容疑者と同居していたものの、生活空間は別だったそうで、会話をすることもほとんどなかったようです。

そんな中、2017年から今年1月にかけて、面接で8回、電話で6回にわたり、岩崎隆一容疑者について川崎市に相談をしていたことが分かりました。

相談内容としては、高齢化による介護サービスの導入についての相談で、外部の支援者が家に入った場合に岩崎隆一容疑者がどう反応するか心配してのことでした。

このことについて岩崎隆一容疑者に直接話をしたところ「掃除、洗濯、買い物など自分のことはちゃんとやっている。自分で好んでこの生活をしているので、ひきこもりのような状態ではない」と言われたそうです。

そんな経緯から、少しずつ家にも居づらくなっていたのかもしれませんね。

従姉がカリタス小学校出身?

登戸事件,犯人,岩崎隆一,家族,生い立ち,従姉,カリタス出身

岩崎隆一容疑者が、なぜカリタス小学校の女児らを狙ったのか?その真相についての憶測が飛び交っています。

岩崎隆一容疑者とカリタス小学校に、関りはあったのか?

そんな中、日テレの取材に応じた岩崎隆一容疑者と幼なじみの男性が「いとこのお姉さんが(カリタスに)通っていたという話を聞いた」と話していることが分かり、事実確認はできていないものの、岩崎隆一容疑者とカリタス小学校に関連性も明らかになってきました。

カリタス小学校に直接的な恨みはないものの、岩崎隆一容疑者個人の単なる理不尽な社会に対する不平不満からの犯行だったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、川崎市登戸通り魔事件の犯人・岩崎隆一容疑者の家族や生い立ちについて紹介させていただいました。

どのような理由があろうと、今回のような罪のないたくさんの命を危険に犯し、2つの命を奪った岩崎隆一容疑者は命をなくしても許されることはありません。

複雑な家庭環境の中で育ち、一般的な愛情が受け取れなかったゆえに起きてしまった事件だとしたら、社会の在り方を考え直す必要があるのかもしれませんね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事がよく読まれています。

岩崎隆一は発達障害?職業や国籍は韓国?カリタス学園を狙った理由は?

【登戸通り魔事件】犯人の名前や顔画像と犯行動機は?カリタス学園を狙ったか

川崎市登戸駅付近の登戸第一公園で通り魔事件!現場の状況と場所はどこ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です