林陽一の顔画像やSNSを調査!職業や犯行動機がヒドい!岐阜県煽り運転暴行

林陽一,顔画像,SNS,職業,犯行動機,岐阜県煽り運転暴行

2019年8月22日、岐阜県で停車中の車を開け、運転手に暴行をした容疑で会社員の林陽一容疑者(42歳)が逮捕されました。

常磐道の煽り運転で、宮崎文夫容疑者が逮捕され、同様のニュースに対する関心が高まっていますね。

林陽一容疑者も、宮崎文夫容疑者と同じように、煽り運転常習犯だったのでしょうか。

また、被害者の男性はいったい何をしたのでしょうか。

そこで今回は、岐阜県で暴行事件を起こした林陽一容疑者の、顔画像やFacebook、インスタなどのSNSについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

林陽一の顔画像やSNSを調査!岐阜県煽り運転暴行

林陽一,顔画像,SNS,職業,犯行動機,岐阜県煽り運転暴行

岐阜県で停車中の車を開け、運転手に暴行をした容疑で会社員の林陽一容疑者(42歳)が逮捕されました。

事件の概要がこちらです。

岐阜県で停車中の車のドアを開けて男性を殴ったとして、42歳の男が逮捕されました。警察は何らかの交通トラブルがあったとみて調べています。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、大垣市の会社員、林陽一容疑者(42)です。

 警察によりますと、林容疑者は8月3日夜、岐阜県安八郡内の町道で停車中の車のドアを開け、運転席にいた男性に「なめとるんか」「殺すぞ」などと言って顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いがもたれています。

 林容疑者は警察の調べに対し「覚えていません」と容疑を否認しています。林容疑者は男性の車の前に自分の車をかぶせて停車させたとみられていて警察は、何らかの交通トラブルがあったとみて調べています。

事件が起きたのは8月3日の夜で、林陽一容疑者は、停車中の車のドアを開け、運転手の男性に暴行を行いました。

林陽一容疑者は逮捕されましたが、容疑を否認しています。

また、林陽一容疑者の車が、被害者の男性の車を遮るように停車していたため、煽り運転などの危険運転があったとみられています。

林陽一容疑者の顔画像

林陽一,顔画像,SNS,職業,犯行動機,岐阜県煽り運転暴行

林陽一容疑者の顔画像について調べてみましたが、現在も公表はされていませんでした。

逮捕されているため、情報が入り次第お伝えしていきます。

このような事件だと、軽い罪で執行猶予が付くことが考えられますので、顔画像の公開を願いたいところですね。

林陽一容疑者のFacebookやインスタ

林陽一,顔画像,SNS,職業,犯行動機,岐阜県煽り運転暴行

林陽一容疑者のFacebookやインスタなどのSNSについても調査してみましたが、現在は特定されていませんでした。

年齢的にも、SNSなどは利用していない可能性も考えられます。

特定されましたら、情報を更新していきたいと思います。

林陽一の職業や犯行動機がヒドい!岐阜県煽り運転暴行

林陽一容疑者について、現在分かっている情報は以下の通りです。

名 前:林 陽一(はやし よういち)

年 齢:42歳

住 所:岐阜県大垣市八島町

職 業:解体作業員

容 疑:傷害の疑い

職業については会社員と報道され、調べてみたところ、解体作業員であることが分かりました。

林陽一の犯行動機は?

林陽一,顔画像,SNS,職業,犯行動機,岐阜県煽り運転暴行

今回の暴行事件の犯行動機について、林陽一容疑者が「覚えていない」と容疑を否認しているため分かっていません。

しかし、被害者の男性の車の前を遮るように、林陽一容疑者の車が停車していたことが分かっています。

また、「なめとるんか」「殺すぞ」などと言って、被害者の男性に怒鳴りつけ、ドアを開け車から髪を引き引きずり出すなどしたそうです。

常磐道で煽り運転、暴行をして逮捕された宮崎文夫容疑者と似た犯行であることから、林陽一容疑者も自分勝手な犯行だったことが考えられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

岐阜県で暴行事件を起こした林陽一容疑者の、顔画像やFacebook、インスタなどのSNSについて紹介させていただきました。

逮捕されたという報道が過熱することで、このような事件を起こす人が減ればいいですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

煽り運転に関する記事はこちらです!

北海道で煽り運転!バール運転手や妻の顔画像を調査!書類送検の理由は?

【宮崎文夫】生い立ちや前科は?妻の名前や顔画像と豪遊ぶりがスゴイ!常磐道煽り運転の犯人

【顔画像】ガラケー女は喜元奈津子でインスタ特定?笹原えりなはデマ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です