イプシロン4号機打ち上げ&分離成功!地元住民「行け~!」【画像】

2019年1月18日午前9時50分、「イプシロン4号機」が打ち上げられました。このイプシロン4号機には民間企業や大学などが開発した7基の小型衛星が搭載されています。

ロケットは1段目と2段目の分離を繰り返し上昇を続けて、打ち上げからお鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所からよそ51分後に高度514キロに到達し、7基のうち最も大きな衛星1つが予定の軌道に投入することに成功しました!残りの6基についても順次軌道に投入することが期待できます。

「イプシロン」は、活用が広がる小型の人工衛星を低コストで打ち上げることを目標に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発し、今回の打ち上げでは民間の宇宙開発を促進するために宇宙航空研究開発機構(JAXA)がコストを負担し複数の衛星を同時に打ち上げる初めてのケースになりました。

スポンサーリンク

イプシロン4号機の打ち上げ直後の映像!

そしてそのイプシロン4号機の打ち上げ直後の動画がこちらです!

白煙がすごいですね!!ものすごい勢いで空へと向かっているのが分かります。

イプシロン4号機の打ち上げに地元住民らはカウントダウンをしたり「行け~!!」と掛け声をかけたりと、イプシロン4号機の打ち上げ成功を応援しました。ネットではたくさんの人がイプシロン4号機の打ち上げの様子を見守っていたことが分かります。

イプシロン4号機の打ち上げに地元住民は

こちらはイプシロン4号機の打ち上げに地元住民の方の様子です。

雲一つない快晴の空に、イプシロン4号機の綺麗な噴煙がよく映えますね。

スポンサーリンク

まとめ

2019年1月18日に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた「イプシロン4号機」が予定していた軌道に投入することに成功したとのことで紹介させていただきました。この成功は世界中の誰もが夢見る宇宙開発の第一歩となったことでしょう。

イプシロン4号機の現在については分かり次第追記していきたいと思います。

それでは最後までこの記事を読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です