アメリカでチキンレースをした母親の名前や顔画像!何がしたかったのか?

2019年6月25日、アメリカでチキンレースをして3歳の我が子をひき殺したとして、亡くなった3歳の子どもの母親が逮捕されていた事件が日本でも話題となっています。

この母親が有罪判決を受ければ、最大10年の服役が言い渡されるとされています。

しかし、なぜこのような事をしたのか?何がしたかったのか?と疑問の声が多く上がっています。

そこで今回は、アメリカで起きたチキンレースで我が子をひき殺した事件で、母親の名前や顔画像について調べるとともに、いったい何がしたかったのかについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

アメリカでチキンレースをした母親の名前や顔画像!

アメリカでチキンレースをして3歳の我が子をひき殺したとして、亡くなった3歳の子どもの母親が逮捕されていた事件が日本でも話題となっています。

事件が起きたのは6月11日でした。

車に乗っていた母親は、車に向かって走ってきた3人の子供をめがけて前進させ、そのうち3歳の息子をひきました。

かなり衝撃的な事件ですね。なぜこの母親がこのような事件を起こしたのかが謎です。

2人の子どもは危険を感じて自力で逃れましたが、一番幼かった3歳の息子は逃げることができずかひれてしまいました。

母親は当初「車をバックした時に、車止めにぶつかったと思った」と供述していましたが、防犯カメラの映像から事件の一部始終が明らかになりました。

母親の名前や顔画像

自身の我が子を使ってチキンレースをしたあげくに、3歳の息子をひき殺すなんて、普通ではありませんよね。

この母親の名前は『Lexus Stagg』(レクサス・スタグ)26歳でした。

顔画像はこちらです。

一番幼い子どもが3歳ということでしたので、かなり若い母親であることが分かりますね。

日本ではこのような事件は聞かないだけに、海外では驚くような事件が多く発生しているのかと思ってしまいますね。

アメリカでチキンレース!何がしたかったのか?

母親は当初「車をバックした時に、車止めにぶつかったと思った」と供述していましたが、防犯カメラの映像から、30メートルほど離れた位置から車に向かってくる子ども3人に向かって車を前進させたとされています。

その時の防犯カメラの映像がこちらのニュース番組で放送されました。

検察は「すべての親は子供を守る義務がある。車はおもちゃじゃないし、我が子でチキンレースを試すのは、ゲームなんかではない」と母親を指弾するコメントを発表しているとされますが、我が子の使ってチキンレースをするなんて普通の考えではありませんよね。

普段から虐待をしていたのでは?残りの2人の子どもも大丈夫なのか?と心配になってしまいます。

せめて父親は常識のある人であることを願います。

レクサス・スタグには前科があった

犯行に使われたリンカーン・ナビゲーター

実は、チキンレースをして我が子をひき殺し逮捕されたレクサス・スタグさんには、児童虐待の前科があることが分かりました。

2013年に2人の子どもが役所の指示で親せきに預けられ、その後に3人の子どもを授かっていたようです。

6月11日に事件を起こし、13日に逮捕されると翌日の14日には裁判所に出頭。この素早い対応については、アメリカならではで、日本も見習ってほしいですね…。

また残された2人の子どもについても、親せきに預けられ、レクサス容疑者とは接することができないように要請をしています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、アメリカで起きたチキンレースで我が子をひき殺した事件で、母親の名前や顔画像について調べるとともに、いったい何がしたかったのかについて紹介させていただきました。

アメリカでは驚くような事件が起きているのですね…。今回亡くなった子どもが本当にかわいそうで仕方ありません。母親も10年もすれは服役を終えて戻ってくることを考えると、この家族が心配で仕方ありませんね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事がよく読まれています。

【顔画像】闇営業した芸能人一覧やギャラの金額はいくら?解雇にはならない?

田村亮の活動休止はいつまで?ロンハーや出演番組と相方の淳はどうなる?

【動画】なぜ?ゴリラカラスの真相!場所はどこ?羽を使い日光浴か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です