2019年1月6日|日本で部分日食が!メガネ必須?画像や撮影も

2019年1月6日の午前中に日本全国で部分日食が見ることができます。日本で部分日食が見れるのは3年ぶりとなりましたが、平成最後の部分日食になりますのでぜひ見てみたいものですよね!

そんな貴重な部分日食を見たり撮影するためには注意点があります!間違った方法をすると目を痛めてしまうので気を付けましょう。また今日は曇りのところが多く、部分日食を見ることができるのはほんの限られた地域のみとなりそうです、ですので実際に見ることができなかった人のために部分日食の画像も紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

2019年1月6日|部分日食を見るにはメガネが必須!

太陽はかなり強い光と熱を放っています!ですので直接目で見てしまうと目を傷めてしまいます。一瞬だから大丈夫、部分日食しているからいつもよりは光が弱くなってるだろうなどそんな風に思ってはいけません、間違った方法で太陽を直接目で見ると最悪の場合失明する危険もありますので絶対にやめましょう!

では部分日食を見る方法ですが、日食グラスというメガネみたいな形をした部分日食を観測する専用のツールがあります。

こんな感じのものです。

部分日食を見るにはこちらの日食グラスを絶対に使用しましょう!

でも日食グラスなんて持っていない!どうしたら…という場合、近くのホームセンターでも置いてある場所なんてそんなにないですからね、困りましたよね。

ですが自作の日食グラスでは目にダメージを負ってしまう可能性がありますのでおすすめしません!自作する場合には必ず専門家の方のもと作成をしてください。

間違っても、一瞬だからと肉眼で直接太陽を見たり、白付きの下敷きやフィルムの切れ端、サングラスやゴーグルを装着して見ることも危険ですので絶対にやめましょう!

見ることができないのは残念ではありますが、目を傷めてしまってはもともこもありませんから…。

2019年1月6日|部分日食の撮影方法!

部分日食を撮影するには専用のカメラやツールが必要だと思ってませんか?実は身近にあるもので簡単に撮影をする方法があるのです!

注意:間違ってもスマホなどで直接撮影はしてはいけません!!

その身近なアイテムが段ボールです!厚紙の画用紙でも大丈夫です!段ボールや厚紙に小さな穴を何か所かあけ太陽の光を通すとその穴を通った光が欠けた太陽の形になっていることを撮影することができますよ!

マッキーで書いたのはわかりやすくするためで必要はありません。ぜひやってみてください。

2019年1月6日|部分日食を画像で楽しもう!

ここまで部分日食を見る方法や撮影方法などを紹介していきましたが、本日2019年1月6日は全国的に曇りのところが多いみたいですね。

部分日食を見ることができそうなのは太平洋側の限られた地域のみとなりそうですね。平成最後の部分日食が見れないのは残念です。

そこで部分日食を見ることができなかった人のために部分日食の画像を集めてみました!

部分日食の画像はどうでしたか。せっかくの日曜日だったのに、貴重な部分日食を曇りでみることができなかったのは残念ですが、部分日食を楽しむことはできたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

2019年1月6日の部分日食について紹介させていただきました。部分日食を見るにはメガネが必須です!専用の日食グラスを装着して部分日食を楽しみましょう。紹介した撮影方法もぜひ試してみてください。

他の地域の画像についてもアップしていきますので楽しみにしていてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です