『耳をすませば』実写化はダメ?!キャストに賛否!高橋一生の聖司が見たい!

『耳をすませば』実写化はダメ?!キャストに賛否!高橋一生の聖司が見たい!

1995年に、スタジオジブリでアニメ化し、話題となった『耳をすませば』。

劇中歌『カントリーロード』を口ずさんだ方も多いのではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ2019でも、カントリーロードの桜戦士版『ヴィクトリーロード』で話題となりましたね。

そんな、『耳をすませば』が、2020年、実写化されることがわかりました。

ネット上では、実写化に対し賛否両論あり、盛り上がっています。

今回は『耳をすませば』の実写化はダメなのか、キャストへの賛否の声を紹介していきます。

スポンサーリンク

『耳をすませば』実写化決定!2020年秋公開

『耳をすませば』実写化決定!2020年秋公開

少女コミック誌『りぼん』で、1989年に柊あおいさんによって連載された『耳をすませば』。

そして、スタジオジブリによって、1995年にアニメ映画となって話題になった作品です。

今回、その『耳をすませば』が、実写映画として2020年9月に公開されることがわかりました。

発表された内容はこちらです。

スタジオジブリが1995年にアニメ映画化した『耳をすませば』が、女優・清野菜名と俳優・松坂桃李のW主演で、実写映画化されることが発表された。原作の世界観を再現する「あの頃(過去)」と、オリジナルで加わる「10年後(現在)」を描く。清野は「とてもうれしく光栄」と喜び、松坂も「月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることをうれしく思います」と出演に笑顔を見せる。公開は9月18日。

柊あおい氏が、89年に少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画が原作。読書が大好きな中学生・月島雫が、夢に向かって生きる天沢聖司に想いを寄せていく物語は、多くの女性たちの感動を得た。アニメ映画版では、雫を本名陽子、聖司を高橋一生が声を担当。本名が歌う主題歌「カントリー・ロード」は、今でも歌い続けられている名曲になっている。

 実写映画版は、小説家になりたいというという雫と夢を追う聖司が惹かれ合い、中学3年生のときに「お互いきっと、夢をかなえよう」と誓い合う。それから10年の月日が流れ、出版社で児童小説の編集者になった24歳の雫は、小説家になる夢は諦めて、本を売るために必死な毎日。夢を追い、海外で暮らす聖司とはいつの間にか距離が生まれるも、雫は忘れていた“あの頃の気持ち”を取り戻していく物語が紡がれる。

 清野は「誰もが大好きな名作の世界に存在できることを光栄に思っております。雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫のピュアな心を大切に丁寧に演じていきたいと思っています」と意気込み。

 松坂は「アニメーション映画で何度も見た作品。あの頃にしか感じられないものが詰まっていてすてきだなと思っていました。あの物語の“その後”を想像した方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕もそうでした」と“10年後”の世界を楽しみながら演じる。

 メガホンをとるのは、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)、『ROOKIES』(08年)、『JIN-仁-』シリーズや『義母と娘のブルース』などヒット作を生み出している平川雄一朗監督。「大変な緊張感とプレッシャーを抱えています」と恐縮するも「原作の空気感をそのままに心温まる映画となるようまい進したいと思います」と話す。

 プロデューサーの西麻美氏は「実写映画化しようと考えた時、10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました。そして、清野菜名さん、松坂桃李さんが決まったことで、これはすてきな作品にできると確信しました」と自信を覗かせる。

 中学時代の雫と聖司や、ほかのキャスト陣は今後発表される。クランクインは2月中旬で、3月中にクランクアップを迎える予定。

出典:オリコンNEWS

原作、アニメでは描かれることのなかった10年後の世界が、今回実写化されることになりました。

『耳をすませば』実写化はダメ?!

『耳をすませば』実写化はダメ?!

この、『耳をすませば』という作品は、原作からアニメ化された時も、賛否両論ありました。

声優が、読者が自分で思っている作品の世界観を壊すということからです。

今回も、ネット上では、実写化はダメ!という声の方が多く見られます。

絶対絶対絶対何があっても耳をすませばの実写化なんて見ないからな!!! あんなピュアピュアキュンキュン物語を実写化するなんて!!!! あの2人だからいいのよ!実写はダメ!

めっちゃショックでかい。 すませ実写ダメだろー() いっちゃん好きなジブリなのに… しかも、うちの一番好きな天沢聖司くん役が松坂桃李って… いや、かっこいいかもだけど、あのツンな、塩っぽいかっこよさは、違うだろおおお女の子は知らんけど可愛いからいいけど、いや、天沢聖司………

すませ 実写化って… アニメではダメだったの?10年後とかではなくて15年後とかはダメだった? なんか本当驚いて、お昼買いに行ってる時に声あげてしまったもん

ええ…耳すませ実写するの……。他の作品ならアニメ絵ダメって人もいるだろうけどジブリ作品はわざわざ実写にしなくていいと思うんだけどな

「『すませ』の10年後って絶対やっちゃダメなやつだよ!あそこで終わるから美談なんだよ!」って何年にもわたって周りに散々言い続けてきたのだけどまさか本当に実写化してしまうとは(笑)もう雫と聖司版の『冷静と情熱のあいだ』しか浮かばない… …まぁ見るけど(笑)

みなさん、いろいろな思い入れがあるようですね。

『耳をすませば』キャストへの賛否の声!高橋一生の聖司が見たい!

『耳をすませば』キャストへの賛否の声!高橋一生の聖司が見たい!

『耳をすませば』の実写映画化。そのキャスティングへの賛否の声を紹介していきます。

ジブリ作品でもダントツで好きなすませが実写化と聞いてびっくりしたんたんだけどキャストがうーーーーん、そこかーーーーーとなってかといって雫は誰がぴったりか今日ずっと考えていた

これは…まじでやめてほしかった。 キャストがどうとかじゃなくあの世界観はそのままにしてほしかった。 思え聖司くんが初恋だったから松坂桃李の聖司は悪いけど絶対に観ない。

すませが実写化だと

10年後を描くって、雫が猫の恩返し書いてるって話かな。昔見たなぁ懐かしい…キャスト清野菜名さんと松坂桃李…なにそれ!ピッタリじゃん。実写化だとえぇー…な感じが多い中雰囲気がまんま雫と聖司だよ。

すませの実写化になんで高橋一生出らんのや!カルテットでヴィオラ弾いてたんだぞ!すま勢には歓喜する程のリアル聖司くんやったんやぞ!鼻血もんやぞ! 実写化のキャスト選んだ奴はカルテット1話から観らんかい!聖司くんは高橋一生しか有り得ねえ!グレてやるーーーあああ(泣

すませ実写化嬉しい  キャストはいまいちだけど

このニュースを知って、
実写化がどうとか松坂さんがどうとかでなく、どうせなら高橋一生が聖司をやってくれる方が感慨深いものがあった。という感想しかない。

原作潰すだけだからやめてほしいなー。
キャストも今流行りの俳優さん使ってるだけって感じするし。何でもかんでも実写化すりゃいいってもんじゃない。

アニメ映画で声優をされた高橋一生さんに、演じて欲しいという声が多かったです。

スポンサーリンク

まとめ

2020年9月に公開予定の『耳をすませば』の実写化映画。

今回は、実写化はダメなのか、キャストへの賛否の声を紹介していきました。

アニメ化され、その声優さんが役にピッタリはまっていたこともあり、声優さんをそのままキャスティングしてほしいとの声が多数でした。

高橋一生さんの天沢聖司、個人的には見たかったです。

それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です