【画像】吉本芸人ミキがステマツイート!処分や責任は?京都市PR50万

画像,吉本,芸人,ミキ,ステマ,ツイート,処分,責任,京都市PR50万

2019年10月28日、吉本興業の人気漫才コンビ「ミキ」が京都市をPRするステマツイートを行っていたことが分かりました。

京都市と吉本興業が業務委託契約を結び、ツイート1回につき、50万円を支払う契約をしていたようです。

ネットではこの自治体ステマを批判する声が多く上がっています。

そこで今回は、吉本興業の漫才コンビ「ミキ」がステマツイートした画像を紹介するとともに、処分や責任は誰にあるのか、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉本興業・漫才コンビ「ミキ」がステマツイート!

問題とされているステマツイートが投稿されたのは、昨年2018年の事でした。

京都国際映画祭などのPRする目的で、京都市と吉本興業が業務委託契約を結び、その契約の中に今回のステマツイートが盛り込まれていたようです。

「京都市盛り上げ隊」として、ツイッターなどで20万人のフォロワーを持つタレントが、2回にわたってPRツイートを発信。

料金は1回50万円、計100万円の契約になっていたようです。

このステマ行為に、ネットでは批判的な声が多く上がっています。

1ツイート50万、計100万円という金額に関しては、それほど高いものではない。と考えている人も多いようですね。

しかし、ステマ行為自体は良くないという声が多く上がっています。

今回の件について「問題ない」と言い切っていますので、京都市、吉本興業のイメージが悪化するのは間違いなさそうですね。

報道された内容がこちら

実際に報道された内容がこちらです。

京都市が、市の施策を吉本興業に所属する地元出身の漫才コンビにツイッターでPRしてもらうため、ツイート(つぶやき)1回につき、50万円を支払う契約を2018年度に同社と結んでいたことが京都新聞社の取材で27日までに分かった。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はなかった。市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について「問題があるとは考えていない」としている。

「京都国際映画祭」などのPRが目的

 市は18年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、同年度によしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を結んだ。契約書などによると、同社所属タレントが「京都市盛り上げ隊」として映画祭や市の重要施策を周知するとの内容で、ツイッターなどで20万人のフォロワー(登録者)を持つタレントが2回にわたって発信することが盛り込まれた。ツイートの料金は1回50万円、計100万円だった。

吉本・漫才コンビのツイート1回50万円 京都市がPR契約  識者「驚く額、誤解与える手法」

 昨年10月、京都市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人が2回にわたって計4本ツイートした。「大好きな京都の町並み!!京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!詳しくはここから!」と記述したツイートでは「京都市ふるさと納税」などのハッシュタグ(検索目印)の他、制度を紹介するリンクが張られていた。別のツイートでは京都国際映画祭や市営地下鉄をPRした。

引用元:Yahoo!ニュース

またこの件について、同志社大の真山達志教授(行政学)は、

「市民感覚からすれば地元タレントが地域貢献でツイートしたと考え、報酬が発生しているとは思わないだろう。公金の使い方としては驚く額で、自治体の広報としては誤解を与える問題のある手法だ」

と話していました。

ツイッターなどのSNSでは、ステマ行為を嫌がるユーザーも多いだけに、今回の件が問題視されないという事は無いでしょう。

【画像】漫才コンビ「ミキ」の実際のステマツイートがこちら!

吉本興業の漫才コンビ「ミキ」が実際にPRしたステマツイートがこちらです。

「ミキ」昴生(兄)

 

「ミキ」亜生(弟)

昴生(兄)と亜生(弟)2人はそれぞれ、京都市営地下鉄と京都国際映画祭についてのツイートと、京都市のPRツイートを投稿しています。

しかしどちらの投稿にも、京都市が広告主であることや、PRであることを明記する内容は見当たりません。

また契約では、1ツイート50万を2回投稿するものでしたが、実際にはぞれぞれが2回ずつツイートして、計100万円の契約だったと思われます。

ステマツイートで吉本やミキの処分や責任は?

今回の京都市PRステマツイートでは、市はタレントの発信力に期待したといい、金額や広報の手法について

「問題があるとは考えていない」

とコメントをしているようです。

しかし、これは完全なステルスマーケティングで、「問題がない」というのは、かなり意識が低いとしか言いようがありませんね。

また、実際に契約を行った吉本興業や、漫才コンビ「ミキ」にも何らかの処分が合ってもおかしくないですよね。

少なからず吉本興業や、「ミキ」のイメージが悪化したことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、吉本興業の漫才コンビ「ミキ」がステマツイートした画像を紹介するとともに、処分や責任は誰にあるのかまとめていきました。

SNSを使ったステマ行為を嫌うSNSユーザーは多いだけに、今回の不祥事は本当に残念で仕方ありませんね。

契約を結んだ吉本興業にも、何らかの責任があるのではないでしょうか。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です