堀ちえみが食道がん!ステージ1の手術の成功率や生存率は?舌癌が転移したのか?

2019年4月15日、舌ガン(口腔がん)の手術が無事に終わり、リハビリを行っていたタレントの堀ちえみ(52歳)さんですが、新たに食道ガンが見つかったことを自身のブログで公表しました。

舌ガンのあとに、今度は食道ガン。不謹慎かもしれませんが、なぜ堀ちえみさんばかりこのような試練を与えられ続けなければいけないのでしょうか。

また、今回の食道ガンの発見で、今後、どのような影響が起きるのでしょうか。

堀ちえみさんの新たに発見された食道ガンですが、ステージや手術の日時、手術の成功率生存率を紹介するとともに、食道ガンが発症した原因は舌ガンの転移なのか?など調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

堀ちえみが食道がん!ステージ1の手術の成功率や生存率は?

堀ちえみ,食道がん,ステージ1,手術,成功率,生存率,舌癌,転移

新たに食道ガンが見つかったことを公表

4月15日、タレントの堀ちえみさんが、新たに食道ガンが見つかったことを自身のブログで公表しました。

堀ちえみさんは舌ガンの手術を終え、ガンは全部摘出することができたと報告し、現在は退院をしてリハビリを行っていました。

食道ガンを公表した堀ちえみさんのブログの一部を抜粋してきました。

本日また入院しました。今度は食道癌です

前回の入院中に胃カメラの検査を受け、食道に腫瘍が見つかり、一部を病理検査に出した結果が、4月2日に出ました

4月4日、組織を拡大して見るカメラで、精密検査を受けたところ、ステージ1の食道癌と診断結果が出ました

堀ちえみさんは現在、入院をしていて、食道ガンのステージは「1」であることが分かりました。

食道がんとは

食道ガンについて、以下のように説明がされていました。

食道はのどと胃をつなぐ長さ約25㎝、太さ2~3㎝、厚さ約4㎜の管状の臓器で、食べ物が通りやすいように内側が粘液を分泌する粘膜でおおわれています。食道がんは、この粘膜の表面にある上皮から発生します。日本では、食道がんの90%以上が扁平上皮癌というがんですが、欧米では腺癌というがんが増加しており、そのほとんどは胃の近くの食道下部に発生します。日本でも、生活習慣の欧米化によって、今後、腺癌が増えることが予想されます。

日本人の食道がんの約半数は胸の中の食道の真ん中付近から発生し、4分の1は食道の下部に発生しています。粘膜上皮から発生したがんは、大きくなるにつれて食道外膜に向かって広がっていきます。食道の周囲には、気管・気管支や肺、大動脈、心臓など重要な臓器が近接しているので、がんが大きくなるとこれらの臓器に広がっていきます。これを浸潤といいます。腹部や首のリンパ節、他の臓器などに転移することもあります。

ステージ1の手術の成功率や日時と生存率は?

食道ガンが見つかったということで、ショックや悲しみを感じた人も多かったと思いますが、ステージ1ということですこしホッとした人も多かったのではないでしょうか。

ですが実際に、食道ガンのステージ1の手術の成功率生存率はどのくらいなのか調べてみました。

食道がんの化学治療の進歩は著しく成功率は95%にもなります。ほとんどの確率で成功するんですね、良かったです。

堀ちえみさんが行う手術は内視鏡手術で30分から1時間程度で終わるものだそうで、日時も4月16日に決定しているそうです。

堀ちえみ,食道がん,ステージ1,手術,成功率,生存率,舌癌,転移

食道ガンのステージについての資料

また、生存率についてですが、ステージ1とは、「ガンが粘膜にとどまっているが近くのリンパ節に転移がある。粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節に転移なし。」とされています。

食道ガンのステージ1では生存率は86%とも言われていて、ガンが粘膜下層まで広がってもリンパ節転移を起こしていなければ、手術で80%が治ると言われています。そのため、食道ガンは最も治りやすいガンとも言われています。

かなりの高い生存率であることが分かるとともに、いかに早期発見だったことが不幸中の幸いであったかが分かりますね。

堀ちえみが食道がん!舌癌が転移したのか?

堀ちえみ,食道がん,ステージ1,手術,成功率,生存率,舌癌,転移

舌ガンの手術を前に髪をバッサリ切っていた

堀ちえみさんの食道ガンですが、舌ガンの転移や舌ガンによる影響でガンができやすくなっているのでは?と思われた人もいたのではないでしょうか。

堀ちえみさんは2018年に受診した人間ドックでは食道ガンは見つからなかったと話していて、最近できたものであることが分かっています。

しかし、今回の食道ガンは舌ガンが転移してものではなく、舌ガンの発症が影響してガンができやすくなってしまったというものでもないのことでした。

舌ガンの手術を終えたばかりの今、食道ガンの手術をすることになった堀ちえみさんですが、今一度堀ちえみさんの身体の健康を願うばかりですね。

食道がんの原因は飲酒や喫煙?

食道ガンを発症する原因(リスクファクター)については、喫煙大量の飲酒が明らかになっていて、喫煙と飲酒が相乗してリスクが高まるとも言われています。

また、熱い飲食物がリスクを上昇させるという研究結果も多く報告されているそうです。

堀ちえみさんの場合には、喫煙や過剰な飲酒をするといった報道はされておらず、直接的にガンの原因になるようなリスクファクターはなかったのではないかと考えられますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、堀ちえみさんの新たに発見された食道ガンですが、ステージや手術の日時、手術の成功率生存率を紹介するとともに、食道ガンが発症した原因は舌ガンの転移なのかについて紹介させていただきました。

今度こそ、最後の試練だと思ってがんばってもらいたいですね。願うことしかできませんが、手術の成功と、堀ちえみさんの笑顔をテレビの前で見ることができることを楽しみにしています。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事が最近良く読まれています!

堀ちえみの食道がんは治るのか?原因は転移や再発ではない?いったいなぜ

なぜ?堀ちえみが口内炎と誤診された理由は?舌癌は視診で診断ができる

堀ちえみが舌癌を公表!ブログ全文紹介とステージ4の治療法や生存率は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です