大津市大萱で幼稚園児巻き込み事故!原因は前方不注意!どっちの車が悪い?

2019年5月8日の午前10時15分ごろ、滋賀県大津市大萱6丁目の県道559号線で、事故を起こした軽乗用車が、近くの歩道を歩いていた幼稚園児の列に突っ込む事故がありました。

この事故で、2歳の園児男女2人が亡くなり、2歳の男児が頭を強く打ち、集中治療室で治療を受けているほか、2~3歳の男女8人が足や肋骨(ろっこつ)を折る重傷を負い、残りの2人は軽傷負いました。

しかも運転していたのはまたもや高齢者。高齢者の悲惨な事故が後を絶ちません。

今回は、滋賀県大津市大萱6丁目で起きた幼稚園児巻き込み事故原因について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

大津市で幼稚園児巻き込む事故!原因は前方不注意!

大津市,大萱,事故,幼稚園児,原因,前方不注意,どっちの車が悪い

大津市大萱で幼稚園児を巻き込む事故

滋賀県大津市大萱6丁目の県道559号線で、事故を起こした軽乗用車が、近くの歩道を歩いていた園児13人と保育士3人の計16人の列に突っ込む事故がありました。

この事故で、「レイモンド淡海保育園」に通っていた、伊藤雅宮(がく)ちゃん(2歳)と、原田優衣ちゃん(2歳)が命を落としました。

事故が起きたのは大津市大萱6丁目のT字路で、北進中の乗用車が右折する際に、南進中の軽乗用車と正面衝突し、衝突した勢いで軽自動車がそのまま横断歩道を渡ろうとして信号待ちをしていた園児の列に突っ込んだとされています。

事故が起きた場所は?

事故が起きた場所はこちらになります。

 

ここは「レイモンド淡海保育園」から300mほどの場所で、普段から散歩に使用していた道だったそうです。幼稚園児らは、県道559号線の横断歩道を渡るために、信号待ちをしていたところでした。

原因は前方不注意!どっちの車が悪いのか?

この事故の原因は、乗用車を運転していた新立文子容疑者の前方不注意で、運転していた直進してきた軽自動車に気づかず乗用車右折をしたことが分かりました。

乗用車を運転していた新立文子容疑者は「前をよく見ていなかった」と供述し、軽自動車を運転していた下山真子容疑者は「右折車を避けようとハンドルを左に切った」と話しているようです。

そのような事故でこれだけたくさんの園児を巻き込み、2人の命を奪いました。

幼稚園児の列に突っ込んだのはその事故の巻き添えで、きちんと信号待ちをしていた幼稚園側は何も防ぎようがなかったのではないでしょうか?

どちらに過失があるのかなど、事故の詳細については現在取り調べが行われていて、詳しい状況については分かっていません。

大津市で幼稚園児巻き込む事故!犯人の名前と顔画像

大津市,大萱,事故,幼稚園児,原因,前方不注意,どっちの車が悪い

運転していた女性2人は現行犯逮捕

事故を起こした運転手2人は事故直後現行犯逮捕されています。

事故を起こしたのは、乗用車を運転していた無職・新立(しんたて)文子容疑者(52歳)と、軽乗用車を運転していた無職、下山真子(みちこ)容疑者(62歳)

なお顔画像については公表されていませんでした

現在、どちらに過失があるのかについては取り調べ中ですが、運転能力や判断能力に問題があったとすると、本当にいたたまれない事故ですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、滋賀県大津市大萱6丁目で起きた幼稚園児巻き込み事故原因について紹介させていただきました。

小さな命が犠牲となった今回の事故ですが、ハンドルを握る以上きちんと責任のある運転をして貰いたいところです。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事がよく読まれています。

宇都宮市で飲酒運転!犯人の名前や顔画像!また上級国民?逮捕はまだか?

千葉県木更津市で事故!運転手の名前や顔画像!現場の場所や原因は?

池袋事故!犯人の名前や逮捕されない本当の理由とは?飯塚幸三の顔画像と酷すぎる言い訳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です