岩崎隆一は発達障害?職業や国籍は韓国?カリタス学園を狙った理由は?

岩崎隆一,発達障害,職業,国籍,韓国人,カリスタ学園

2019年5月28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区にある登戸第一公園付近バス停で大人子ども合わせ19人が刺される通り魔事件がありました。

犯人の名前は、岩崎隆一(51歳)で、岩崎隆一は事件後、自身の首を切り自殺を図り、搬送先の病院で死亡が確認されました。

また、この事件で、大人と子ども合わせて19人が刺され、そのうち小学生6年生の女児と外務省職員の男性(39歳)が死亡、保護者の女性(45歳)を含む3人が重傷の状態です。

なぜ、罪のない命がこのようにして奪われなくてはいけなかったのでしょうか。

犯行の動機は何だったのでしょうか。

そこで今回は、川崎市で起きた登戸通り魔事件の犯人・岩崎隆一について調べてみるとともに、顔画像職業国籍などを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

【登戸通り魔事件】岩崎隆一は発達障害?職業や国籍は韓国?

川崎市多摩区にある登戸第一公園付近バス停で大人子ども合わせ18人が刺される通り魔事件がありました。

この事件で、大人2人と子ども17人の合わせて19人が刺され、そのうち小学生6年生の女児と外務省職員の男性(39歳)が死亡、保護者の女性(45歳)を含む3人が重傷の状態です。

「カリタスタ学園」を狙った犯行だとみられ、「カリタス学園」の通う児童とその保護者が、スクールバスを待っていたところ被害に遭いました。

犯人の名前は岩崎隆一

岩崎隆一,発達障害,職業,国籍,韓国人,カリスタ学園

犯人の名前は、岩崎隆一(51歳)で、岩崎隆一は事件後、自身の首を切り自殺を図り、搬送先の病院で死亡が確認されました。

事件当時、岩崎隆一は「ぶっ殺してやる」と叫んでいたことが分かっていて、「カリタス学園」に対して何らかの恨みがあったと考えられます。

また、刃物を4本用意し、手袋を着用していたことや、スクールバスが到着する直前の児童が集まったタイミングを狙った犯行から、計画的犯行だったことが分かります。

このような事件を起こすとは、「カリタス学園」にどのような恨みがあったのでしょうか。

国籍は韓国?職業は?

現在、犯人の岩崎隆一の詳しい情報は分かっていません

岩崎隆一について分かっている情報は以下の通りです。

岩崎隆一,発達障害,職業,国籍,韓国人,カリスタ学園

名  前:岩崎隆一

性  別:男性

年  齢:51歳

住  所:川崎市麻生区

職  業:不明

ネットでは岩崎隆一は通名で、国籍は韓国人ではないかという噂もありました。

川崎市は多くの韓国人が住むコリアンタウンとしても有名であることから、このような噂が流れたと考えられますが、実際に韓国人であるという報道はでていません。

また職業については、事件当時はひきこもり状態だったようで、無職だったことが考えられます。

【登戸通り魔事件】カリタス学園を狙った理由は?

岩崎隆一,発達障害,職業,国籍,韓国人,カリスタ学園

事件当時、岩崎隆一は「ぶっ殺してやる」と叫んでいたことが分かっていて、「カリスタ学園」に対して何らかの恨みがあったと考えられます。

しかし、なぜカリタス学園を狙ったのかは分かっていません。

事件が起きる以前に、何らかのトラブルがあったのではないか?と考えられますが、ただ単に、弱い女の子を狙った犯行だったとも考えられます。

何にしても、将来のある小さな命を狙った今回の事件、本当に憤りを感じますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、川崎市で起きた登戸通り魔事件の犯人、岩崎隆一について調べてみるとともに、顔画像職業国籍などを紹介させていただきました。

犯人の供述が聞けなくなってしまった以上、事件の真相は分からなくなってしまいました。今は、少しでも多くの命が助かることを願うばかりですね。

それでは最後までこの記事を読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク

こちらの記事がよく読まれています。

【登戸通り魔事件】犯人の名前や顔画像と犯行動機は?カリタス学園を狙ったか

川崎市登戸駅付近の登戸第一公園で通り魔事件!現場の状況と場所はどこ?

【登戸事件】犯人・岩崎隆一の家族や生い立ちがヤバい…従姉がカリタス出身?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です